『ラストナイト・イン・ソーホー』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『ラストナイト・イン・ソーホー』散りばめられた「007」オマージュの意図とは?サンディの“本当の”正体とは?徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

魅惑的で恐ろしい、60年代ロンドンへようこそ。

『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(2007)、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(2010)、『ベイビー・ドライバー』(2017)で知られるフィルムメーカー、エドガー・ライトの最新作『ラストナイト・イン・ソーホー』(2021)が、現在絶賛公開中だ。

『ジョジョ・ラビット』(2019)のトーマシン・マッケンジー、ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』(2020)のアニャ・テイラー=ジョイという、いま一番注目の若手2大女優が共演した、タイムリープ・サイコスリラー。間違いなく、2021年を代表する必見作である。

という訳で、今回は『ラストナイト・イン・ソーホー』をネタバレ解説していきましょう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー