エンド・オブ・デイズ/ピーター・ハイアムズ

エンド・オブ・デイズ [Blu-ray]

シュワちゃんも、秘密結社やらエイリアンやら様々な敵と戦ってきたが、今回の相手が間違いなく最強だろう。何てったって「悪魔」そのものなのだから。

世紀末にふさわしいと言っちゃえばそれまでだなんだけど、やや無理を感じないでもない。ホラーとアクションを、シュワちゃんという接着剤によって無理矢理結婚させてしまった、と~っても強引な作品ではある。

シュワちゃんが主演しているくらいだから火器満載、やたら爆発しまくるアクション映画には違いないんだが、過去に『カプリコン・1』や『アウトランド』といった、骨太サスペンス映画を世に送り出してきたピーター・ハイアムズの手によって、IQ低めのB級テイストになることは阻止。

カプリコン・1≪特別版≫ [Blu-ray]

押さえた色調のカメラや、バチカンやら黙示録やらの定番のキリスト教的モチーフによって、本格感を醸し出そうと努力している。

とはいえ、今までどんな敵にも圧倒的なパワーでなぎ倒してきたシュワちゃんが、悪魔信者の小太りオバちゃんにコテンパンにやられるシーンは、荒唐無稽すぎやしないか。っていうか個人的には、おおいに笑わせていただきました。悪魔を崇拝するだけで、こんな怪力が得られるのか?

悪魔を嬉々と演じるのはご存知、ガブリエル・バーン。この人、最近こんな役ばっかりのような…。たしかに彫りの深いルックスと勿体ぶった演技は、ホラー向き。B級専門役者になりさがってしまった、第二のランス・ヘンリクセンにならないように頑張って下さい。

「予言された子」を演じるヒロインを演じるは、新進女優(だよな。他に観たことないぞ)ロビン・ダニーちゃん。さして特筆するべきこともないようなフツーの女優さんだが、意味もなく突然ヌードになってくれたりしちゃってくれるので、まあヨシとしよう。その調子でこれからも脱ぎまくってくれ。

シュワちゃんも家族を強盗事件によって失い、以後発作的に自殺を図りそうになるという難役を演じているが、相変わらずのダイコンぶりで特に説得力はなし。

結局悪魔を倒すのは「愛のチカラ」であるという、あまりにも陳腐なラストには驚愕しました。

DATA
  • 原題/End Of Days
  • 製作年/1999年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/122分
STAFF
  • 監督/ピーター・ハイアムズ
  • 製作/アーミアン・バーンスタイン、ビル・ボーデン
  • 脚本/アンドリュー・ダブリュ・マーロー
  • 音楽/ジョン・デブニー
  • 美術/リチャード・ホランド
  • 撮影/ピーター・ハイアムズ
  • 編集/スティーヴン・ケンパー
  • 衣装/ボビー・マニックス
CAST
  • アーノルド・シュワルツネッガー
  • ガブリエル・バーン
  • ロビン・タニー
  • ロッド・スタイガー
  • ケビン・ポラック
  • CCH・パウンダー

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー