一命/三池崇史

一命 【2D&3D】 プレミアム・エディション [Blu-ray]

長さ30ページほどの短編小説『異聞浪人記』を、名脚本家・橋本忍が巧妙な構成とハートに染みいるセリフでシナリオ化した結果、小林正樹監督の『切腹』は、日本映画史に残る傑作時代劇となった。

あの頃映画 「切腹」 [DVD]

そのリメイクを作るにあたって、鉄壁シナリオを書き換える必要なんぞ微塵もなし!・・・と踏んだのか、この『一命』の構成はほぼ『切腹』の焼直し。脚本には山岸きくみの名前がクレジットされているものの、完全に橋本忍の引力圏内。まあ確かに手堅い戦略です。

しかし、それではあまりにもリメイク作品としてのオリジナリティーに欠けると思ったのか、製作サイドが招聘したのは“暗黒系量産作家”三池崇史であった。

工藤栄一の傑作『十三人の刺客』を、目を覆いたくなるばかりの血みどろスプラッターにリ・ボーンさせた功績は記憶に新しい。ハードコア時代劇リメイカーとしての実績が買われての起用であった。

十三人の刺客<Blu-ray>通常版

事実、残酷描写はオリジナル以上の凄惨さ。千々岩求女(瑛太)が竹光で切腹するシーンなんぞ、グビグビと剣先を内臓に押し込む求女に対して、介錯人が平然と「まだまだー!」と言い放つ非道ぶり。三池崇史のドS気質がスパークしている。

地面に割れた卵を横ばいになって吸ったり、嗚咽をあげながら血で汚れた手で饅頭を食べたり、不気味な効果音と共にサザエのつぼ焼きを丸呑みしたり、“食”に対するアブノーマル描写も健在なり。

しかしこの映画、「武士道とは何ぞや?」というギモンが推進力となるディスカッション・ドラマなんであって、三池崇史が己の残酷性を発揮できる余地は、実は猫の額程度。

となると評価のカギはトーゼンのごとく役者陣にかかってくるのだが、オリジナルの仲代達矢&三國廉太郎という神ツートップと比較してしまうのは、あまりにも分が悪すぎる。

井伊家家老の斎藤勧解由役を演じた三國廉太郎は、そこはかとない狂気が見え隠れする爬虫類系演技で、観る者を震撼させた。名優・役所広司をもってしてもその域にはおよばず、「片足をひきずる」という禁じ手気味のキャラ設定で追いすがるのみ。

であるなら、信義に厚い”真っ当な常識人”として描いたほうが、逆に封建社会の歪みを露呈できたんんじゃないか?

一番の問題は、主人公の津雲半四郎を演じる海老蔵。歌舞伎芝居が骨の髄まで染みついているせいか、妙にゆらぎのある発声をしていいて、何を喋っているんだかさっぱり分からないのだ(なぜだか感情がたかぶると、ゆらぎが消えて聞きやすくなる)。これはもう芝居云々のレベルで片付けられないミステイク。

キャプションつけないとダメだぞこりゃ。

DATA
  • 製作年/2011年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/126分
STAFF
  • 監督/三池崇史
  • 原作/滝口康彦
  • 脚本/山岸きくみ
  • 音楽/坂本龍一
  • エグゼクティブプロデューサー/中沢敏明、ジェレミー・トーマス
  • プロデューサー/坂美佐子、前田茂司
  • 撮影/北信康
  • 照明/渡部嘉
  • 録音/中村淳
  • 美術/林田裕至
  • 装飾/坂本朗、籠尾和人
  • 衣裳/黒澤和子
  • 編集/山下健治
CAST
  • 市川海老蔵
  • 瑛太
  • 満島ひかり
  • 竹中直人
  • 青木崇高
  • 新井浩文
  • 波岡一喜
  • 天野義久
  • 大門伍朗
  • 平岳大
  • 笹野高史
  • 中村梅雀
  • 役所広司

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー