『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』に関する考察をcinemas PLUSに寄稿しました

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』考察:25年の歳月を経て蘇る傑作SFアニメの先進性、テーマとは」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

およそ25年の歳月を経て、伝説のサイバーパンク・アニメーションがハイクオリティの映像で蘇る…。

対サイバーテロのために組織された超法規的特殊部隊・公安9課(通称:攻殻機動隊)と、国際的ハッカー“人形使い”との戦いを描いた『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)。ウォシャウスキー姉妹の『マトリックス』(1999年)に影響を与えるなど、押井守の世界的な評価を高めた一作が、9月17日から4Kリマスター版で全国公開される。IMAXならではの高細密な音響、鮮やかな色彩表現がスクリーンで体感できる絶好の機会だ。

4Kリマスター版の公開にあたり、押井監督は「幸いなことに、この作品は技術の進歩のたびに、新しい形で生まれ変わってきた。今この時代に劇場で見られることを嬉しく思います。お楽しみください」とコメント。いやー楽しみっすね。筆者も公開初日に駆けつける所存です。…という訳で、今回は改めてこの作品の先進性、テーマについて考察していこう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー