『荒野の用心棒』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『荒野の用心棒』レオーネとイーストウッド。異質な才能同士がぶつかって生まれた、マカロニ・ウェスタンの代表作」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

60年代初めのイタリア映画界は不況の真っ只中にあった。『クレオパトラ』(63)、『ソドムとゴモラ』(63)といった超大作が興行的に大失敗。かつて隆盛を誇った豪華絢爛たる歴史劇は勢いを失い、映画産業そのものが縮小傾向へと向かっていったのである。

そんな状況のなか、イタリアの映画プロデューサーたちが新しい鉱脈として大きな期待をかけたのが、西部劇。すでにハリウッドでは斜陽の時代を迎えていたが、ヨーロッパでの人気は依然高かった。その火付け役となったのが、1964年に公開された『荒野の用心棒』。20万ドルの製作費に対して、世界興収はおよそ1,500万ドルの大ヒット。イタリア製西部劇…いわゆるマカロニ・ウェスタンの歴史は、ここから始まったといっても過言ではないだろう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー