クリント・イーストウッドに関する考察をcinemas PLUSに寄稿しました

91歳の反逆児。孤高の騎士クリント・イーストウッドの正体とは?」という考察記事をcinemas PLUSに寄稿しました。

cinemasPLUSさんから「私の推す俳優」企画の話をもらって、うっかり「クリント・イーストウッド俳優論、書きますよ〜」と安請け合いしてしまったあの頃の自分を、フルボッコしてやりたい。なぜ自分は、よりによってハリウッドの生きる伝説ともいうべきイーストウッドを選んでしまったのか。俳優として半世紀以上のキャリアを誇る大俳優論なんぞ、筆者のような最弱映画ライターに書ける訳ないじゃんか!!!

という訳で筆者は今、絶望と無力感の狭間でもがき苦しんでいるのだが、引き受けてしまったからには仕方がない。とりあえず、彼の簡単なプロフィールから紹介していこう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー