『ドント・ウォーリー・ダーリン』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『ドント・ウォーリー・ダーリン』偽りのユートピアに迷い込んだアリスの冒険※注!ネタバレ含みます。」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(19)で、華々しい長編監督デビューを飾ったオリヴィア・ワイルド。『トロン: レガシー』(10)、『ラッシュ/プライドと友情』(13)、『リチャード・ジュエル』(19)と、女優として確固たるキャリアを築き上げてきた彼女は、気鋭のフィルムメーカーとしても一目置かれる存在となった。

「女性監督の2作目に投資する人は、正直男性監督よりも少ないと思います。私の映画は10億ドルを稼いだわけではありませんが、カルチャーとしての時代感覚を刺激することで、次のチャンスを掴めました。そこから“私は映画監督です”と言える権利を得たと、心から思っています」

デビュー作での手腕が評価され、彼女の元には数多くのシナリオが届けられた。だが、彼女はその全てを断ったという。『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』と同じようなコメディ映画ばかりだったからだ。むしろ彼女が惹きつけられたのは、’50年代アメリカの田舎町を舞台に繰り広げられる、『ドント・ウォーリー・ダーリン』(22)と名付けられた奇妙なSFスリラー。“男性社会に囚われた女性”というフェニミズムの問題を、寓話的に描けるアイデアに可能性を見出す。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー