『マトリックス レザレクションズ』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『マトリックス レザレクションズ』が究極のプライベート・フィルムである理由とは?」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

20世紀末に公開されたSF映画の金字塔、『マトリックス』(1999)。続く『マトリックス リローデッド』(2003)、『マトリックス レボリューションズ』(2003)の3部作でシリーズは大団円を迎えたが、このたび18年ぶりとなる新作『マトリックス レザレクションズ』が公開された。

主演にはキアヌ・リーブス、キャリー=アン・モスが続投するほか、シリーズの生みの親であるラナ・ウォシャウスキーが製作・監督・脚本を務め、新しい『マトリックス』を蘇らせている。

しかしこの作品、なかなか一筋縄ではいかない“クセの強い”一作。という訳で今回は、『マトリックス レザレクションズ』をネタバレ解説していきましょう。

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー