『さかなのこ』に関するコラムをcinemas PLUSに寄稿しました

『さかなのこ』“のん”が“さかなクン”として転生した、マルチバース映画」という考察記事をcinemas PLUSに寄稿しました。

2013年。新星のごとく現れた1人の女優が、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロイン天野アキを演じ、日本中を虜にした。彼女が次代のスターであり、これからの映画&テレビを牽引する存在になると、誰もが信じていた。

その後彼女は能年玲奈という名前を捨てて、“のん”といういささか風変わりな名前で再スタートを切ることになる。主人公すずを演じたアニメ『この世界の片隅に』(16)がキネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位に輝いたり、CMでキリンジの「エイリアンズ」をアカペラで歌って話題になったり、その後も印象的な活動を続けてきたのん。だが正直、ドラマや実写映画の出演は難しい状況が続いていた。

風向きが変わってきたのは、2020年あたりだろうか。『星屑の町』『8日で死んだ怪獣の12日の物語 – 劇場版 -』『私をくいとめて』と出演映画が3本も公開され、2022年の今年も監督・脚本・主演を務めた『Ribbon』に続き、9月1日から主演を務めた『さかなのこ』が公開されている。私たちの大好きなのんが、メジャーの舞台に帰ってきたのだ!

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー