ロスト・ハイウェイ/デヴィッド・リンチ

ロスト・ハイウェイ 2Kリストア版 [Blu-ray]

O・J・シンプソン事件をカフカ的妄想で膨らませたナイト・ストーリー

コギト・エル・ゴスム(我想う故に我あり)。

そう、我々は自分が自分であることを認識した時に、初めて己の存在を見い出す。しかし考えてみれば、これは実に曖昧かつ不明確な定義だ。自分が自分であることの絶対的証明はあり得ない。

アイデンティティーなんてものは、おっそろしく曖昧な確信の上に成り立っている。そう!『ロスト・ハイウェイ』(1997)は、あらゆる事象はすべからく不明確であることを明確に描いた映画なんである!

『ワイルド・アット・ハート』(1990)の原作者バリー・ギフォードの小説『ナイト・ピープル』に登場する“ロスト・ハイウェイ”という言葉をデヴィッド・リンチがいたく気に入り、「朝起きたら、自分以外の別人になっていた」というカフカ的妄想が膨らんだことから、『ロスト・ハイウェイ』の構想は本格始動した。さるインタビューによると、このアイディアはO・J・シンプソン事件から着想を得たらしい。

リンチは楽しげにゴルフに興じるO・J・シンプソンをテレビで観て、「妻を殺した男が、なぜこんなに楽しそうに振舞っているのか?」と疑問に思い、O・J・シンプソンになりきって瞑想を始めたのだという。

その結果、「彼に愛する妻を殺せるはずがない。別人格を生み出して彼女を殺害し、その記憶を抹消したに違いない!」という、異次元の結論に至ったそうな。あのニュースからこれだけ鑑賞者の精神を撹乱させるフィルムへ着地できるのは、世界広しと言えどリンチだけだろう。

物語は、サックスプレイヤーのフレッド(ビル・プルマン) が暮らす家のポストに、謎のビデオテープが投函されていたことから始まる。映っているのは、自宅の玄関前。自宅の居間。そして愛妻レネエ(パトリシア・アークウェット)の死体。

やがて妻殺しの罪で独房に入れられたフレッドだったが、いつの間にか彼はどこかに消え失せてしまい、なぜか自動車修理工のピート(バルサザール・ゲティ)に佇んでいた。もうこれだけで解釈不能のアッパラパー・ストーリー!

送られてきたビデオの映像は、厳然たる「リアル」であるはず。しかし突然物語のチャンネルは切り替わり、「リアル」は非日常な「異界」に反転する。何が現実で、何が夢なのか?リンチが創出する悪夢は現実界を侵食し、映画そのものを占拠してしまう。そして、観ている我々の脳内をも。

不可知論者リンチは、一貫して「日常」と「非日常」を描いてきた。『ワイルド・アット・ハート』あたりまではそのボーダーラインは明瞭だったが、『ロスト・ハイウェイ』ではその繋ぎ目があまりに唐突すぎるため、観る者は一瞬思考停止を余儀なくされる。

これは決して、精神分裂をきたしたフレッドが新たな人格を形成し、ドッペンゲルガーを生み出す物語ではない。主人公が合せ鏡のように共存する二つの世界を行き来する、シンクロニシティ(共時性)の物語なのだ。

インナーワールド炸裂、尻尾の先までリンチ印のこの映画を、キャスト&スタッフもがっちりサポート。主演を務めるビル・プルマンとパトリシア・アークウェットは一見リンチ系には場違いに思えたが、キッチリとビザールなオーラを照射。

特にパトリシアは豊満なボディーを惜しげもなくさらし、ダウナーなエロスを満開させている(意外に短足なのは御愛嬌!!)。ロバート・ブレイク演じるミステリー・マンは、狂言廻しとして『ツイン・ピークス』の小人をも凌駕する怪演。「Call Me」とケータイ電話を差し出すシーンには、小生興奮で背中がゾクゾクしっ放し!

盟友アンジェロ・バダラメンティが紡ぐオリジナル・スコアは、『ツイン・ピークス』における浮遊感&感傷性高めのシンセ・サウンドから遠く離れ、オーケストレーションをふんだんに使った現代音楽にメジャー・アップデート。目がチカチカするくらいのフラッシュライトで、物語を紡いでいく編集の呼吸もナイスなり。

つべこべ言わず、お前らもこの甘美なトリック・アートを目一杯浴びるべし!

DATA
  • 原題/Lost Highway
  • 製作年/1997年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/135分
STAFF
  • 監督/デヴィッド・リンチ
  • 脚本/デヴィッド・リンチ、バリー・ギフォード
  • 製作/ディーパク・ギルフォード、トム・スターンバーグ、メアリー・スウィーニー
  • 脚本/バリー・ギーフォード
  • 撮影/ピーター・デミング
  • 音楽/アンジェロ・バダラメンティ
  • 美術/パトリシア・ノリス
CAST
  • ビル・プルマン
  • パトリシア・アークウェット
  • バルサザール・ゲティ
  • ロバート・ブレイク
  • ロバート・ロジア
  • ゲイリー・ビジー
  • ジャック・ナンス
  • リチャード・プライヤー
  • マリリン・マンソン
  • ヘンリー・ロリンズ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー