『ファミリー・プロット』に関する考察をCINEMOREに寄稿しました

『ファミリー・プロット』ヒッチコックからの最後のウインク」という考察記事をCINEMOREに寄稿しました。

『バルカン超特急』(38)、『裏窓』(54)、『めまい』(58)、『鳥』(63)…。およそ60年にわたるキャリアの中で、アルフレッド・ヒッチコックは数々の傑作スリラーを世に送り出してきた。その輝かしいフィルモグラフィーの53本目にあたる監督作であり、“サスペンスの神様”と称された巨匠の遺作となった映画が、『ファミリー・プロット』(76)である。

本作は、『北北西に進路を取れ』(59)のようなスケールの大きいスパイ・スリラーではない。『レベッカ』(40)のような文芸ロマンスでもないし、『サイコ』(60)のような切れ味鋭いショッカーでもない。インチキ霊媒師のブランチ(バーバラ・ハリス)とその恋人ジョージ(ブルース・ダーン)が、賞金目当てに行方不明の遺産相続人を探し回るという、何とも地味な小品である。アルフレッド・ヒッチコックはこの映画についてこう語っている。

「メロドラマを、ちょっとだけ軽快に。そして、洗練された作品で知られるエルンスト・ルビッチ監督がスリラーを撮ったような感覚が欲しかったんだ」

ぜひご一読ください!

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー