平凡なサラリーマンである周は、ニューハーフの店で出逢ったダンサー、花房に激しく心を奪われる。 彼には […]

ラブストーリーなんてものは、主人公に「好きだ!」と言わせ、ヒロインに「あたしもよ!」と叫ばせ、しっか […]

それにしても、あだち充の漫画に出てくる主人公って、どうしてあーも優柔不断な軟弱者が多いのかいな。 『 […]

少年時代に『まんが道』を読んで、「俺も将来、手塚治虫のような漫画家になってやる!」とエアーズ・ロック […]

医者という職業を通して、人の「生と死」に向き合うストーリーが重くならない訳がない。 手塚治虫センセイ […]

冷静に観察してみると分かるが、梅図かずおは実はマンガがドヘタである。 何がヘタって、「人物の動き」が […]

モテたい。嗚呼、モテたい。モテモテ、と思わず声に出してみる。そのソフィスティケイトな響きには、無限の […]

つげ義春はたぶん、純文学的でもなんでもなくて、徹底的にビンボーなだけだと思う。 『無能の人』なんぞ、 […]

絶滅に危機に瀕している野鳥トキは、ニッポニアニッポンという学名が表象するように、日本という国家そのも […]

野球漫画の傑作、「ドカベン」は柔道漫画としてスタートした。 当初より主人公・山田太郎が野球に驚異的な […]

村上春樹という作家の特徴のひとつに、平易な文章と巧みな比喩で、単純に共感を覚えにくい事象をも納得させ […]

大友克洋の漫画は冷めている。体温が低いとでも言うべきだろうか、一切のヒューマニズムを排した作風は実に […]

女性にも男性にも、幅広く支持される恋愛漫画家というのはおそろしく少ない。柴門ふみはその意味でも希有な […]

金田サカエは両親の離婚がキッカケでサッポロから夢のテクノポリス・トーキョーにやってくる。坂本キョージ […]

「正義の味方」という言葉はひどくトリッキーである。なぜなら、「正義の味方」とは「人類の味方」であり、 […]

少年野球漫画においては、野球こそが絶対の快楽であり、野球に勝るものは一切なかった。 星飛由馬も侍ジャ […]

365日野球のことばっか考えている水島新司センセイは、現実と自分の造り出した幻想がゴッチャになってい […]

阿部和重は、 描きたいと思う物語を、自分は持っていない。ただ形式へのこだわりがあるだけだ という趣旨 […]

宮下あきらは確信犯である。彼は『魁!!男塾』が荒唐無稽なストーリーであることを自覚しており、読者がツ […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー