燃えよドラゴン/ロバート・クローズ

燃えよドラゴン [Blu-ray]

数多くのカンフー・フォロワーを産んだ、ブルース・リーの代表作

  1. 『燃えよドラゴン』は、ブルース・リーの名前を世界中に知らしめた大ヒット作品にして、その後数多くのカンフー・フォロワーを産んだ、モニュメンタルなカンフー映画である。
  2. 原題の『Enter The Dragon』は、「ドラゴン登場」、「ドラゴン現る」と訳せるが、稀代のアクション・スター、ブルース・リーが満を持してスクリーンに登場!という意味にも受け取れる。
  3. ブルース・リーの代名詞ともいうべきセリフ「Don’t Think! Feel!(考えるな!感じろ!)」は、この作品からの引用である。
  4. ブルース・リーの「アチャー!」という奇声をそのままサントラに使用してしまったのは、『ダーティハリー』で知られる名作曲家ラロ・シフリン。
    ダーティハリー [Blu-ray]
  5. 監督のロバート・クローズが現場統率能力に欠けていたため、ブルース・リーが演出を兼任することもしばしばだったという。
  6. コブラを捕まえるシーンで、ブルース・リーは実際にコブラに腕を噛まれるというアクシデントがあったが、毒が抜かれていたために大事には至らなかった。
  7. 悪の首領・ハン役を演じたシー・キエンは、撮影当時60歳近い高齢だった。
  8. 若き日のサモ・ハン・キンポーが、ブルース・リーのスパーリング相手としてオープニングに出演。
    燃えよデブゴン 豚だカップル拳 blu-ray
  9. 実は、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウも端役で出演している。
  10. 力士役で、『笑点』の座布団運び役(山田隆夫の前任)だった松崎真もチラリと出演している。
  11. ブルース・リーは、スタジオで音声を吹き込んでいる最中に倒れ、そのまま1973年7月20日に急逝。32歳の若さであった。
  12. 1973年12月に日本で公開された時点で、ブルース・リーは既に故人だった。
DATA
  • 原題/Enter The Dragon
  • 製作年/1973年
  • 製作国/イギリス、アメリカ
  • 上映時間/97分
STAFF
  • 監督/ロバート・クローズ
  • 製作/フレッド・ワイントローブ、ポール・ヘラー、レイモンド・チョウ、ブルース・リー
  • 脚本/マイケル・オーリン
  • 撮影/ギルバート・ハッブス
  • 音楽/ラロ・シフリン
CAST
  • ブルース・リー
  • ジョン・サクソン
  • ジム・ケリー
  • アーナ・カプリ
  • アンジェラ・マオイン
  • シー・キエン ハン
  • ロバート・ウォール
  • ベティ・チュン
  • ヤン・スエ
  • ロイ・チャオ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー