復讐するは我にあり/今村昌平

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 復讐するは我にあり [Blu-ray]

神をも恐れぬ殺人鬼を描く、ドス黒さに満ちたフィルム

まだ中学生の頃、深夜テレビでやってた『復讐するは我にあり』をダラ見してたら、三國連太郎が倍賞美津子の乳房を後ろから鷲掴みするシーンに遭遇し、童貞ボーイとしてメガトン級の衝撃を受けた記憶あり。

まるで獣姦のような、土着的エロス。それ以来、今村昌平という名前を聞くたびに、「倍賞美津子のおっぱい」を条件反射的に想い浮かべるようになってしまった。倍賞美津子のおっぱい、倍賞美津子のおっぱい、倍賞美津子のおっぱい、倍賞美津子の…(以下省略)。

今回20年ぶりに『復讐するは我にあり』を見返してみた訳だが、やっぱ今村昌平が描くセックス・シーンって、かなりヘンだと思う。正常位よりも後背位多めなのは、そういう趣味だからか?

北村和夫が小川真由美シーンを犯すシーンなんぞ、横たわりながらお互い逆方向にのけぞってたりして、どういう体位なんだかさっぱり分からん。このあたりにも、今村昌平の被虐趣味が色濃く反映されていると思う。

決定的なのは、緒形拳に首を絞められながら、小川真由美が恍惚の表情で「遠くへ…」とつぶやくシーン。昔観たときには、「ははあ、このヒトは現世で生きる喜びがないもんだから、愛する人に絞め殺されるのが嬉しいんだろうなー」と思ったものだが、今改めて見返してみると、実は単なるマゾプレイなんじゃないか、と思ってみたり。今村映画では、肉体的な痛みを伴って初めて生の喜びを見いだすんである。

ネチネチ・ドロドロした粘着質の演出は、いかにも今村昌平らしさが充満しているが、時折眼を見張るようなカットもサインサートされており、観る者の脳内に強烈な印象を残す。

特に、オレンジ色に光る夕暮れの空を背景に、ツナギの長靴が吊るされてるカットは、強烈な「死への渇望」が表象された出色のシーンだと思う。この映画における死生観は、極めて観念的だ。

そもそもこの『復讐するは我にあり』は、第74回直木賞を受賞した佐木隆三の小説を映画化したもの。深作欣二、黒木和雄、藤田敏八といった名だたるフィルムメーカーが映画化を希望し、佐木に了承を求めたという。

最終的には、正式に契約を交わした今村昌平が映画化権を獲得した訳だが、「悪魔の申し子」と形容された実在の連続殺人犯・西口彰の半生には、それだけ人を惹きつけてやまない引力が働いていたのだろう。

リアリティーの確保には妥協を許さない今村昌平は、実際に西口彰が殺人を犯したアパートで、ロケ撮影を敢行したそうな。ドス黒さに満ちたこの映画は、見事配給収入6億円を記録し、1979年度のキネマ旬報ベストテン1位を獲得。

神をも恐れぬ殺人鬼の物語を紡ぐにあたって、今村昌平もまた神をも恐れぬ所業を犯し、映画的成功を収めたのである。

DATA
  • 製作年/1979年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/140分
STAFF
  • 監督/今村昌平
  • 製作/井上和夫
  • 脚本/馬場当、池端俊策
  • 助監督/新城卓、北西洋一、森安建雄、中田信一郎
  • 撮影/姫田真左久
  • 録音/吉田庄太郎
  • 美術/佐谷晃能
  • 音楽/池辺晋一郎
  • 編集/浦岡敬一
  • 記録/石黒健治
CAST
  • 緒形拳
  • 三國連太郎
  • 小川真由美
  • 倍賞美津子
  • ミヤコ蝶々
  • 清川虹子
  • フランキー堺
  • 加藤嘉
  • 殿山泰司
  • 北村和夫
  • 絵沢萌子

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー