うなぎ/今村昌平

うなぎ 完全版 [DVD]

今村昌平の代表作にして、第50回カンヌ国際映画祭のパルム・ドール受賞作。

しかし前評判は決して高くなく、関係者もこの作品がパルム・ドールを獲るとは全く予期していなかったらしい。今村昌平にいたっては、早々に帰国してしまう始末。まさにこの映画、現場カンヌでの評価が「うなぎ上り」だっのだ。

この『うなぎ』を観てまず思ったのが、アキ・カウリスマキの『過去のない男』にアウトラインが似ているなーということ(もちろんこっちの方が製作は先だが)。

過去のない男 [DVD]

どちらも過去と訣別した男が主人公であり、異郷の共同体にコミットメントする物語であり、家族の存在が極めて希薄だ。特に「家族の不在」は、今作の主題に大きく関わっている部分だろう。

妻の浮気を目撃して殺人を犯した山下(役所広司)は、その8年後に仮出所を果たすが、その保証人になる人物は彼の小学校の先生(現在は住職)である。

惨殺された妻以外、彼の家族はいっさい物語に登場してこない。それはつまり、山下が家族を形成できない男=己のDNAを散布できない男としてのキャラクタライズに起因するものだ。

そう考えると、彼が唯一心を許している「うなぎ」が、何のメタファーであることは一目瞭然。「お前のセックスは幼稚園児並だー!!」と罵倒される男の、男性性の象徴して、この粘膜質の物体は登場する。

幼稚なセックスで妻を満足させられなかった男は、桂子(清水美砂)からの求愛を頑として受け入れず、ほとんど去勢された状態で、今後の人生を歩もうとするのだ。

しかし最終的に彼は、堂島(田口トモロヲ)の子供を宿した桂子と一緒になる決意を固める。去勢した男が、セックスを介在させずに家族を作る権利を得たのだ。

「俺もようやくお前と同じになった。どこの誰だか分からん男の子供を育てるんだ」という彼のセリフは、それだけ万感の思いを込めて語られる。生きとし生けるもの、次代を生きる種子を撒くべし。動物的本能に従った男の顔は、実に晴れやかだ。

粘着質な今村タッチはそこかしこに感じられるとはいえ、『うなぎ』は日だまりのような人情喜劇である。理髪店で殺傷騒ぎを起こすシークエンスなんぞ、ほとんど古き良き時代のドタバタ劇。

おそらくその理由は、この映画に真の悪人が存在していないからだろう。舞台となる千葉県佐倉市には、いい奴と変わっている奴しかいない。

今村昌平にとっての理想郷=ユートピアがここにある。

DATA
  • 製作年/1997年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/117分
STAFF
  • 監督/今村昌平
  • 製作/奥山和由
  • プロデューサー/飯野久
  • 企画/須崎一夫、成澤章、中川好久
  • 原作/吉村昭
  • 脚色/冨川元文、天願大介、今村昌平
  • 撮影/小松原茂
  • 美術/稲垣尚夫
  • 編集/岡安肇
  • 音楽/池辺晋一郎
CAST
  • 役所広司
  • 清水美砂
  • 柄本明
  • 田口トモロヲ
  • 常田富士男
  • 倍賞美津子
  • 市原悦子
  • 佐藤允
  • 哀川翔
  • 河原さぶ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー