純喫茶磯辺/吉田恵輔

純喫茶磯辺 [DVD]

金曜ナイトドラマの傑作『時効警察』で既に証明されていたが、麻生久美子のコメディエンヌとしての才能は傑出している。

時効警察DVD-BOX

ふせえり、岩松了、光石研といったクセ者役者を相手にしても、まったくひるむことなく、フラットな自然体で三木聡ワールドに没入してしまう。

彼女自身はコメディーのトリガーにならざるとも、スタビライザー(安定装置)としての役割を完璧に果たしているのだ。

サエない中年男・磯辺(宮迫博之)が、突然転がり込んできた遺産を元手に喫茶店を開店、そこで繰り広げられるあれやこれやな出来事を、父娘が織り成す人間模様を中心にを描いたハートフル・コメディ『純喫茶磯辺』においても、麻生久美子は驚くほどナチュラルにその世界観に溶け込んでいる。

エロすぎるメイド服のユニフォームを何の抵抗もなく着用し、咲子(仲里依紗)から「バカっぽい女」と称されるほどの軽薄キャラであるにも関わらず、だ。

「何すか」「マジっすか」とビミョーに体育系言葉なのも、僕的にはマル。元カレにブン殴られて、鼻血からトローと流れるシーン(あれはCGか?)なんぞ、世のS系男子を狂喜乱舞させるだろう。

自己のアイデンティティーを振りかざすのではなく、驚くべき浸透性と対応力で、彼女はストレンジな世界を受け入れる。コメディエンヌに求められる必須条件って、実はココにあったりするような、しないような。

宮迫博之、濱田マリといった芸達者による“間”にこだわった芝居も見事。特にファミレスで夫婦喧嘩(いや、元夫婦喧嘩か)をしつつ、隙間をぬってメニューを注文するシーンは秀逸。

最終的にオーダーが全部あなご飯になってしまって、店員がぶっきらぼうに「ご注文を繰り返させていただきます。あなご飯、あなご飯、あなご飯」と繰り返す下りは、ちょっと狙い過ぎな感は否めないけれども。

ユーモア感覚も独特だが、家庭教師と女子高生の妄想ラブ・コメディー『机のなかみ』で名を上げた新進映画監督・吉田恵輔のビジュアル感覚も、ちょっと面白い。彼は同一のフレームに二人以上の登場人物がいる場合、意図的に片方の被写体を画面からズラす。

机のなかみ [DVD]

濱田マリが仏壇に手を合わすシーンで、カメラは後方に位置する仲里依紗はしっかり捉えても、濱田マリの顔はほとんどフレームアウト。

喫茶店の常連客ダンカンが麻生久美子に根掘り葉掘り質問するシーンでも、映像的にはダンカンのクローズアップのみが提示され、麻生久美子は完全にフレームアウトしている。

「徹底的にズラすこと」、それは映像論ではなく、主題としても吉田恵輔にとっての戦略だったんではないか。

この映画では何一つ予定調和に進行しない。ドラマが劇的に高揚しそうになると、着地点をあえてズラすことによって、例えようもない不思議な哀切が生まれてくる。女子高生の仲里依紗の視点から点描されることにより、その切なさはさらに拍車がかかる。

夢の舞台だったはずの喫茶店は営業不振で取り壊され、ヒロインの麻生久美子は、宮迫博之と結ばれることもなく、知らない男の子供を身体に宿して、パチンコに興じている。ダメ人間達によるダメダメな物語。こんな映画を愛せるのは、酸いも甘いも噛み分けたオトナだけである。

故に、酸いも甘いも噛み分けたクレイジーケンバンドがこの映画の音楽を担当しているのは、全くもって正しい選択なんである。

ソウルパンチ
DATA
  • 製作年/2008年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/113分
STAFF
  • 監督/吉田恵輔
  • プロデューサー/武部由実子、渡辺和昌
  • 企画・プロデュース/小出健
  • 脚本/吉田恵輔
  • 撮影/村上拓
  • 編集/吉田恵輔
  • 音楽/CKB-Annex
  • 照明/山田真也
  • 録音/湯脇房雄
CAST
  • 宮迫博之
  • 仲里依紗
  • 麻生久美子
  • 濱田マリ
  • 近藤春菜
  • ダンカン
  • 和田聰宏
  • ミッキー・カーチス
  • あべこうじ
  • 斎藤洋介

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー