Mr.&Mrs. スミス/ダグ・リーマン

Mr.&Mrs. スミス [Blu-ray]

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが火花を散らす、セックス・アピール合戦映画

夫婦喧嘩という日常的なモチーフを、コメディー映画に仕立て上げてしまった例は過去いくらでもある。

例えばサスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコックは、そのフィルモグラフィーのなかで唯一のラブコメ作品『スミス夫妻』(1941年)を撮っているし、ダニー・グローバーはマイケル・ダグラスとキャスリーン・ターナーを主演に迎えて、強烈なブラック・ユーモアを効かせた『ローズ家の戦争』(1989年)なる作品を上梓している。

スミス夫妻 [DVD]

しかしながら、夫婦喧嘩のスケールを拡大させて、アクション映画に仕上げてしまったという例は聞いたことがない。

「慎ましやかな夫婦生活を営んでいる平凡なセールスマンが、実は凄腕スパイだった」という設定はジェームズ・キャメロンの『トゥルーライズ』(1994年)なれど、『Mr.&Mrs. スミス』(2005年)は夫婦お互いが凄腕のヒットマンだった、という途方もない設定のエスピオナージ・アクション。

「素性を知られたら、相手を48時間以内に殺すべし」という組織の命令によって、スケールのデカすぎる夫婦喧嘩が繰り広げられる。

トゥルーライズ [AmazonDVDコレクション]

要はコレ、オス最強の“セックス・アピール・スター”ブラッド・ピットと、メス最強の“セックス・アピール・スター”アンジェリーナ・ジョリーが火花を散らす映画。

アダルティーなフェロモン全開で、お互いが相手をノックアウトせんとする。そんなもん絶対決着つかない訳で、最終的には野性的セックスで夫婦の愛を確かめ合い、二人っきりで組織に挑んで行く。

なんでも、奥さん役には最初ニコール・キッドマンがキャスティングされていたらしいが、主演作『ステップフォード・ワイフ』(2004年)の撮影が延びてしまったため、降板になったそうな。

もしそのままニコール・キッドマンが出演していたら、ここまでセックス・アピール合戦みたいなフェロモン映画にはならかなったろう。

非業のラストに向かって急直下する展開は、『明日に向って撃て!』(1969年)みたいな、アメリカン・ニューシネマ的展開。…と思いきや、何故かラストでは、夫婦セラピーを受けているブラピ&アンジーの姿が。小賢しい結末の付け方には、不満ありまくり。

『ボーン・アイデンティティー』(2002年)で、スパイ映画の新たな潮流を打ち立てたダグ・リーマンにしては、凡作の域を出ないと言わざる得ない。

周知の通り、本作での競演がきっかけでめでたくブラピとアンジーは結ばれた訳だが、当時ブラピはジェニファー・アニストンと結婚しており、いわば略奪愛のような形でハリウッド最強のセクシー・カップルが誕生。

長らく事実婚だったが、2014年に正式に結婚。しかしながらその2年後の2016年には離婚を申請することになってしまった。『Mr.&Mrs. スミス』を地でいくような壮絶な夫婦喧嘩があったのかいな。

DATA
  • 原題/Mr. & Mrs. Smith
  • 製作年/2005年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/120分
STAFF
  • 監督/ダグ・リーマン
  • 製作総指揮/エリク・フェイグ
  • 製作/ルーカス・フォスター、アキバ・ゴールズマン、エリック・マクレオド、アーノン・ミルチャン、パトリック・ワックスバーガー
  • 脚本/サイモン・キンバーグ
  • 撮影/ボージャン・バゼリ
  • 美術/ジェフ・マン
  • 音楽/ジョン・パウエル
  • 衣装/マイケル・カプラン
  • 特撮/ケヴィン・イーラム
CAST
  • ブラッド・ピット
  • アンジェリーナ・ジョリー
  • ヴィンス・ヴォーン
  • アダム・ブロディ
  • ケリー・ワシントン
  • キース・デヴィッド
  • クリス・ウェイツ
  • レイチェル・ハントリーミシェル・モナハン
  • ステファニー・マーチ
  • ジェニファー・モリソン

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー