ミリオンダラー・ベイビー/クリント・イーストウッド

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]

あまりにも過酷な「現実」をしっかりと受け止め、己の責任によって遂行する映画

一緒に『ミリオンダラー・ベイビー』を観にいったS嬢は、「観なきゃ良かった・・・」と目を腫らしながら僕に訴えた。

正直スマン。僕だってコレ、女性ボクサーの立身出世物語だと思っていたのよ。「トレーラー育ちの貧しい女の子が、頑固オヤジのトレーナーと協力してプロボクサーの夢を叶える」というサクセス・ストーリーに胸を膨らましてたのよ。

しかしイーストウッドが提示したのは、「全身麻痺に陥った女性ボクサーを、老トレーナーが安楽死させる」という、尊厳死の物語であった。主人公が所属しているのはウェルター級だが、話はスーパーヘビー級に重い。参った。

この映画においてイーストウッドが演じるフランキーは、ヒラリー・スワンク演じるマギーに「自分の身は自分自身で守れ」と諭しつづける。おそらくこの言葉は、彼が世に出るきっかけとなった西部劇でも代入可能だろう。あるいは、彼の最大の当たり役であるダーティ・ハリーのセリフとしても。

警察の手が及ばない悪に対し、ダーティ・ハリーは己の信念に基づいて、正義の鉄槌を食らわせる。本編におけるフランキーもまた、神父の忠告を無視して「死を与える」という神の役割を担っていく。

アカデミー賞を総なめしたこの映画が、なぜか脚本賞ではノミネートもされなかったのは、あまりにもキリスト教圏では禁忌とされる領域に踏み込んだから、と思われる。

あまりにも過酷な「現実」をしっかりと受け止め、己の責任によって遂行する映画。そう、彼はそのフィルモグラフィーにおいて、常に責任を引き受けてきた。その是非はともかく、彼はあらゆる映画内の営為に対しての責めを負ってきたのである。

「彼女は神に救いを求めているんじゃない、俺に救いを求めているんだ」と教会で語るシーンには、その信条が最も色濃く反映された場面だと言える。

例えば、「不幸な人間がもっと不幸になる」という沈痛極まりない物語をエキセントリックに綴る、ラース・フォン・トリアーとの決定的な違いは、ここにあるのではないか?

どんな楽天家でも3日は寝込んでしまいそうな『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)には、ラース・フォン・トリアーによるサディステイックな悲劇的効果が満載。

そこにはアメリカという超大国への告発というメッセージを受け取ることもできたが、「たかが映画一本でアメリカを変えることなんてできない」という彼自身の言葉からも推察できるように、映画は極めてシニカルでドラスティックだった。

しかし、『ミリオンダラー・ベイビー』は違う。ここにはウェットな手触りがある。なぜなら、我々はイーストウッドに責任を仮託できるからだ。ハリウッドの巨大な父性である彼は、70歳の齢を過ぎてからいよいよその印象を強めている。

DATA
  • 原題/Million Dollar Baby
  • 製作年/2005年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/133分
STAFF
  • 監督/クリント・イーストウッド
  • 脚本/ポール・ハギス
  • 原作/F・X・トゥール
  • 製作/ポール・ハギス、トム・ローゼンバーグ、アルバート・S・ラディ、クリント・イーストウッド
  • 製作総指揮/ロバート・ロレンツ、ゲイリー・ルチェシ
  • 音楽/クリント・イーストウッド
  • 撮影/トム・スターン
  • 美術/ヘンリー・バムステッド
  • 編集/ジョエル・コックス
CAST
  • クリント・イーストウッド
  • ヒラリー・スワンク
  • モーガン・フリーマン
  • アンソニー・マッキー
  • ジェイ・バルチェル
  • マイク・コルター
  • ブライアン・F・オバーン
  • マーゴ・マーティンデイル
  • ネッド・アイゼンバーグ
  • ブルース・マクヴィッティ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー