太陽を盗んだ男/長谷川和彦

太陽を盗んだ男 [DVD]

荒唐無稽なプロットに、脳天を打ち抜かれっ放し!菅原文太の不死身ぶりを愛でるべきスーパー・アクション

無軌道で不条理な青春グラフティーを、ヴィヴィッドに描いた『青春の殺人者』(1976年)でデビュー。二作目にあたるこの『太陽を盗んだ男』(1979年)を撮って以降は、完全に沈黙を続けている伝説の映画監督・長谷川和彦。

生涯でたった2本しか撮っていないのに、レンタルビデオ屋に行けば「長谷川和彦」コーナーがあるくらい、マニアには熱烈な支持を受けている、“クリエイターズ・クリエイター”である。

現在は、同棲生活している女優の室井滋のヒモ(!?)状態らしいが、「伝説」とまで謳われた男が今はヒモってのも哀しいね。可及的速やかに新作撮ってください。

青春の殺人者 [Blu-ray]

という訳で、『太陽を盗んだ男』。とにかく荒唐無稽なプロットに、脳天を打ち抜かれっ放し!ジュリー演じる理科教師が、原子力施設からプルトニウムを盗み出し、お手製の原子爆弾をセルフメイド。

自身を第九番目の「核保有国家」とみなし、政府に「巨人戦のナイター中継を延長せよ」と脅迫する。続いての要求は、ローリング・ストーンズの来日公演。

この一見デタラメに満ちた身勝手テロリズムには、原子爆弾という「力」を得ることによって己の存在意義を見出そうとするも、そこには虚無感しかなかったという、強烈なアイロニーが隠されている。

池上季実子演じるディスクジョッキー「ゼロ」が、放射能によってすでに死期近いジュリーにむかって、「生きて」とつぶやくシーンは鮮烈だ。死に行く者が死に行く者へ、生を訴えかける。

「生」と「死」の境界線を曖昧に捉えていた彼は、おそらくこの瞬間より「生」へ執着しはじめる。生きようとする。70年代特有のアナーキズムの匂いを残しつつ、物語はポジティヴな直線を描いて終着点を目指す。

沢田研二のほとんどコントとしか思えない変装ぶり、そして銃弾を雨アラレと浴びてもターミネーターのごとく立ち上がる菅原文太の不死身ぶり、終盤におけるカーチェイスの非現実ぶり。

少々の理不尽さは馬力でカバー!個人的核テロリズムという日本映画にあるまじき壮大な野望を、長谷川和彦はゲバルト世代(死語)ならではの凶暴な野生で押し切ってしまった。

すっかりナマクラと化してしまった現代ニッポン人への、強烈な鉄槌。僕には、フィルムのその向こう側に、ハセガワの高笑いが聞こえる。ちなみに、菅原文太が「三菱のビーバールームエアコンがいいらしいぞ」等と言うセリフがあったが、文太アニキは当時その商品のCMをやっていたのかね。

DATA
  • 製作年/1979年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/147分
STAFF
  • 監督/長谷川和彦
  • 製作/山本又一朗
  • プロデューサー/伊地智啓
  • 原作/レナード・シュレイダー
  • 脚本/レナード・シュレイダー、長谷川和彦
  • 撮影/鈴木達麿
  • 美術/横尾嘉良
  • 音楽/井上堯之
CAST
  • 沢田研二
  • 菅原文太
  • 池上季実子
  • 北村和夫
  • 神山繁
  • 佐藤慶
  • 伊藤雄之助
  • 西田敏行
  • 水谷豊

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー