ルパン三世 ルパンVS複製人間/古川惣司

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

シャープでモダンな切れ味が痛快な、SFチック・ドタバタ活劇

『カリオストロの城』は、間違いなくアニメ史上に残る傑作である。だが、どうも「ルパン映画と言えば、カリオストロでキマリ!」みたいな語られ方はよろしくない。

あくまで『カリオストロの城』はモンキー・パンチの手を離れた、宮崎駿によるルパン番外編。少女の無垢な愛情に応えることも出来ず、静かに退場していくルパンなんて本当のルパンじゃない!

ケチで大嘘つきでドスケベで、時には人を殺す事もためらわないハードボイルドな人間像こそ、モンキー・パンチが創り出したキャラクター、ルパン三世なのだ(宮崎駿が、『カリオストロ』でルパンにはっきりと人を殺させなかったのに注意)。

『カリオストロの城』が、原作者モーリス・ルブランの作風に近い、ロマンシチズム漂うクラシックな作品だったのに対し、この『ルパン対複製人間』はSFチック・ドタバタ活劇。

カリオストロ伯爵夫人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

本編の影の主人公である謎の大富豪・マモーはカリブ海の孤島に自らの王国を築き、「永々の生命」を手に入れるべく自己複製を続けてきた。

数千年という永き時を経て蓄積された知識により、やがて彼は「神」にも等しい叡智を得るに至る。しかし彼は自己複製による「不老不死」の限界を知り、果てには第三次世界大戦の勃発をもくろむ。

不老不死イコール幸福なのかというテーゼは、まさに過去のSF作品でも盛んに使われてきたモチーフだ。このような哲学的なテーマを内包した物語を、監督の吉川惣司はシャープでモダン、なおかつデフォルメされたタッチで描き出す。

マモーの王国の風景が、キリコやサルバドール・ダリに代表されるシュールレアリスムで描かれているのも、五右衛門が斬鉄剣で敵を斬ると画面そのものもズレてしまうのも、エンディングに三波春夫センセイの「ルパン音頭」が流れるミスマッチも、すべてが実験的かつ前衛的なアプローチ。

『カリオストロの城』と『複製人間』の決定的な差は、序盤のカーチェイスで顕著に示される。『カリオストロの城』はリアリズムを根底としながら、アニメならではの「嘘」に溢れたスピード感あふれるアクション描写だったが、『複製人間』に至ってはもうハチャメチャ。

明らかにデカすぎる巨大トラックもスゴイが、破壊されたガードレールをよじ登って元の山道に着地してしまうような荒唐無稽なシーンが満載。いかに作品としてハジけられるか、それこそがこの作品を語る上でのモノサシとなる。

やっぱルパンは赤いジャケットはおってなきゃダメ、ハードボイルドでシニカルな冒険活劇じゃなきゃダメ。『カリオストロの城』もいいが、ルパン・ファンを自称するなら『ルパン対複製人間』は外せない。

DATA
  • 製作年/1979年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/102分
STAFF
  • 監督/古川惣司
  • 脚本/古川惣司、大和屋竺
  • 製作/藤岡豊
  • 原作/モンキー・パンチ
  • 作画監督/椛島義夫
  • 音楽/大野雄二
  • 撮影/黒木敬七
  • 美術/阿部行夫
CAST
  • 山田康雄
  • 増山江威子
  • 小林清志
  • 井上真樹夫
  • 納谷悟朗
  • 西村晃
  • 大平透
  • 富田耕生
  • 三波春夫
  • 赤塚不二夫
  • 梶原一騎

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー