テス/ロマン・ポランスキー

テス Blu-ray スペシャルエディション

オープニングで「for Sharon(シャロンに捧ぐ)」というクレジットがあるように、本作はロマン・ポランスキーの二番目の妻シャロン・テートに捧げられている。

イギリスの文豪トマス・ハーディによる文芸作品『テス』(1979)の映画化にあたって、本来タイトル・ロールのテス役は、誰しもが憧れる美貌と溌剌とした若さを兼ね備えた、シャロンが演じるはずだった。

しかし、カルト教団を率いるチャールズ・マンソンの命令によって、当時妊娠8ヶ月だった彼女は無惨に殺害され、ロマン・ポランスキーは内面に強烈な闇を抱えてしまうんである。

テス 上 (岩波文庫 赤 240-1)

その後も、『テナント/恐怖を借りた男』(1976)、『チャイナタウン』(1974)といった作品を撮り続けてきたポランスキーだったが、’77年にジャック・ニコルソンの邸宅で13歳の少女をレイプするという事件を起こして、即逮捕。

全くもってスキャンダラスな親父である(ちなみに少女は処女ではなかった)。保釈中に映画の撮影と偽って国外に脱出、そのままフランスに移って市民権を獲得するが、その後一度も彼はアメリカの地に足を踏み入れていない。

チャイナタウン [Blu-ray]

『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞にノミネートされたにもかかわらず、授賞式に出席しなかったのは、アメリカに入国すると逮捕される可能性があったからである。

国外逃亡したポランスキーは、恋人ナスターシャ・キンスキーをヨーロッパに呼び寄せて、念願の企画だった『テス』の撮影を開始。ナスターシャも当時15歳だったというのだから、彼のロリコンぶりはハンパない。

まるで谷崎潤一郎の『痴人の愛』のごとく、ポランスキーは時間をかけて彼女を絶世の美女に仕立て上げ、かつて自分が愛した女性=シャロン・テートのイメージに重ねていったのだ。

その意味で、『テス』は恐るべきフィルムである。無垢な少女ナスターシャ・キンスキーを囲ったロリコン親父ロマン・ポランスキーが、死んだ妻が務めるはずだった役を彼女に演じさせるというのは、もはや死姦的行為。

だからこそ、その映像はまるでクロード・モネやエドガー・ドガに代表される印象派絵画のごとく、瑞々しさをたたえているが、どこか濃厚なエロスと死の匂いもたちこめている。

貧農の娘テスが親類の男にレイプされるというシーンを、果たして彼はどのような想いで描いたのか。映画内でナスターシャ・キンスキーが陵辱されるたび、彼の歪んだリビドーは強烈にかきたてられ、フィルムに異様な迫力を付与したんではないか。

現実の世界でシャロン・テートは惨殺されたのだから、そのアバターであるナスターシャも映画の中で死を迎えなければならない。果たして物語は、「テスは絞首刑に処された」という字幕で幕を閉じる。

トマス・ハーディの原作を忠実に映画化した作品であるにも関わらず、『テス』にはポランスキーのオブセッションが強烈に乗り移った、プライベート・フィルムのごとき生々しさが刻まれているのだ。

DATA
  • 原題/Tess
  • 製作年/1979年
  • 製作国/フランス、イギリス
  • 上映時間/171分
STAFF
  • 監督/ロマン・ポランスキー
  • 製作/クロード・ベリ
  • 製作総指揮/ピエール・グルンステイン
  • 原作/トマス・ハーディ
  • 脚本/ジェラール・ブラッシュ、ロマン・ポランスキー、ジョン・ブラウンジョン
  • 撮影/ジェフリー・アンスワース、ギスラン・クロケ
  • 音楽/フィリップ・サルド
  • 美術/ジャック・ステファンズ、ピエール・ギュフロワ
  • 編集/アラステア・マッキンタイア
  • 衣装/アンソニー・パウエル
CAST
  • ナスターシャ・キンスキー
  • ピーター・ファース
  • リー・ローソン
  • ジョン・コリン
  • デヴィッド・マーカム
  • ローズマリー・マーティン
  • リチャード・ピアソン
  • キャロリン・ピックルズ
  • パスカル・ド・ボワッソン

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー