トラフィック/スティーヴン・ソダーバーグ

TRAFFIC

世の中ナニが分からないって、スティーヴン・ソダーバーグのポテンシャルほど分からないものはない。

『セックスと嘘とビデオテープ』(1989)で颯爽とデビューを果たし、カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。その後も『KAFKA/迷宮の悪夢』(1991)や『蒼い記憶』(1995)など、アンチ・ハリウッドな作品を世に送り出し、てっきり“インディーズのフィルムメーカー”として、細々と活動していくものと思い込んでいた。

セックスと嘘とビデオテープ [Blu-ray]

ところが、『アウト・オブ・サイト』(1998)で、ハリウッドのメインストリームに突如参入。以降は、キラ星の如きスター達から熱い視線を浴びる“セレブ系映画監督”として活躍しているのはご存知の通りだ。

この『トラフィック』(2000)でも、インディーズ時代には考えられなかったほどの予算と時間が費やされ、そのぶん製作のプレッシャーも尋常ではなかったようである。

ソダーバーグは「ボク、もうこんな映画撮らないからネ!」と周囲にもらしたとかもらしてないとか、そんな風聞がまことしやかに流れているご様子。

その後、ハリウッドスターが大挙出演した『オーシャンズ11』(2001)を手がけたことから察するに、スターシステムの作品が嫌いな訳ではなさそう。

最近でも、タルコフスキーの記念碑的SF作品『惑星ソラリス』(1972)をリメイクしてみせたり、オーシャンとその仲間が12人になって再登場してみたりと、彼のフィルモグラフィーはあいもかわらず予想できないものばかり。

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー