告白/中島哲也

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

2007年にフジテレビ系列で放送されたドラマ、『わたしたちの教科書』にハマっていた。断っておくが、主演を務めた菅野美穂のメガネ女子ぶり目当てではない!

わたしたちの教科書 DVD-BOX ~ディレクターズカット完全版~

『東京ラブストーリー』や、『同・級・生』など、かつてフジテレビのトレンディー・ドラマの潮流を作った坂元裕二による、社会派&硬派なシナリオにすっかり夢中になってしまったんである。

ある女子中学生の転落死を契機に、隠蔽された“いじめ問題”が次々に噴出。若き熱血教師と女性弁護士が、「何が彼女を死に至らしめたのか」を徹底追求していくという、異色の社会ドラマ。

第26回向田邦子賞を受賞したのも納得、のケッサクだったのだが、僕が痛感したのは「太平洋戦後、ぬくぬくと平和を享受してきた平和ボケ大国・日本にあって、学校という舞台は数少ない戦争最前線なのだなあ」ということだった。

外ではなく内に向かって拡散する、ティーンエイジャーの鬱屈とした暴力衝動は、いつだっていじめに転化される。

かつて岩井俊二は、『リリイ・シュシュのすべて』で、子供たちのサバイヴをリリカルに描き出した。トッド・ソロンズは、『ウェルカム・ドールハウス』でその実態をブラック・ユーモアを交えつつ、シニカルに炙り出した。

ウェルカム・ドールハウス [DVD]

そして中島哲也は、2009年に本屋大賞を受賞した湊かなえの小説『告白』を題材に、『わらの犬』をも彷彿とさせる、凄惨な復讐劇を仕立て上げてしまった!

いったいこれは何なのだ。ボーイズ&ガールズの、ポップ地獄絵巻か?空疎な狂騒が渦巻く、地獄のような学園ドラマか?

一人娘を失った女性教師が、終業式後のホームルームで「私の娘はこの1年B組生徒に殺されたのです」と衝撃の告白をし、加害者の生徒達に復讐を企てるという、およそ常人には思いつかない、核爆弾級の衝撃展開。

そんな超絶ストーリーを、邦画界屈指のビジュアリスト中島哲也は、『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』のようなカラフルなお伽噺ではなく、ダークな質感に彩られた陰湿系サスペンスとして紡ぎ上げた。曇天からの淡い光が教室に差し込む、毒っ気たっぷりのドラマを。

映像の強度は著しく高いのだが、体感温度ははなはだ低い。何かがスコーンと抜け落ちていて、がらんどうとした、空漠とした虚無感すら漂っている。

この“決定的な欠落感”こそ、『告白』というフィルムがまとっている奇妙な味。中学生ボーイズ&ガールズが、KC & Sunshine Bandの『That’s The Way』をトチ狂ったように踊りながら熱唱するシーンなんぞ、僕はシラフでは観られない。

役者陣もパーフェクト。『四月物語』で初々しい女子大生を演じていたのは今や昔、松たか子はノー・エモーションのサイコ・キャラを淡々と演じているし、熱血若手教師のウェルテルを演じる岡田将生の、ド天然級空回りぶりには、観ているこっちが思わず殺意を覚えてしまうほど。

そして木村佳乃にいたっては、過保護の目盛りが振り切ってリアル・モンスター・ペアレントと化しており、ムダに東山紀之との結婚生活が心配になる!

映画の語り手は次々に入れ替わるのだが、誰の「告白」が真実なのかは全くもって判然しない。黒澤明の『羅生門』のごとく、虚実入り乱れた構造になっているんである。

ホラー映画並みに刺激の強い作品でありながらも、「物語の中心がない=空洞」というフワフワした質感。これはR-15もナットクの、恐るべきフィルムなり!

昔ながらのオールド・ムービー・ファンには、エラくコキおろされている『告白』だが、察するにその理由は、アンチ・モラルな学園ドラマを、アッパーなビジュアルで撮り上げてしまった映像センスにあるのだろう。

しかし中島哲也監督はかつて、女の一生という普遍的ドラマを、極彩色ミュージカルに仕立て上げた『嫌われ松子の一生』を上梓している人物。看過できない社会問題すら、彼はドス黒いエンターテインメント・ムービーに昇華させてしまうのだ。

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]

我々はまず、“希代のフィルムメーカー中島哲也”に畏れおののくべきだろう。

DATA
  • 製作年/2010年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/106分
STAFF
  • 監督/中島哲也
  • 製作/島谷能成、百武弘二、吉田眞市、鈴木ゆたか、諸角裕、宮路敬久、喜多埜裕明、大宮敏靖
  • プロデューサー/石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘
  • エグゼクティブプロデューサー/市川南、塚田泰浩
  • 企画/川村元気
  • 原作/湊かなえ
  • 脚本/中島哲也
  • 撮影/阿藤正一、尾澤篤史
  • 美術/桑島十和子
  • 編集/小池義幸
CAST
  • 松たか子
  • 木村佳乃
  • 岡田将生
  • 西井幸人
  • 藤原薫
  • 橋本愛

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー