トレインスポッティング/ダニー・ボイル

トレインスポッティング [SPE BEST] [Blu-ray]

シニカルな酸味がたっぷりと効いた、現在進行形のフーリガン・ムービ

’60年代に勃興したアメリカン・ニュー・シネマには、ベトナム戦争を背景とした反体制のイデオロギーがムンムンと充満していた。当時のヒッピーは、ボニーとクライドが雨あられと銃弾を浴び、ピーター・フォンダとデニス・ホッパーがドラッグ漬けになる様子を、感慨をこめて見つめていたに違いない。

しかし、今じゃどうだ。ドラッグや暴力は、セックスと同価値のファッションでしかない。『トレインスポッティング』(1997)で描かれる若者たちは、モラトリアムな日々の生活の中で未来と格闘する。

クラブに行ってはオンナをひっかけてファック三昧、サッカーに明け暮れては相手チームと大喧嘩。クスリでハイになって、ガキができりゃ中絶させる。「未来を選べ」だって?冗談じゃない、俺たちゃ「今」すら生きられない。Life is Fuck!!

アーヴィン・ウェルシュの同名小説を映画化した『トレインスポッティング』は、どーしようもない若者のどーしようもない青春を描いた、’90年型の青春ドラッグ・ムービーだ。UKの香りがプンプン漂う、愛すべきクソッタレ映画だ。

凡庸なライフスタイルをアザ笑う、ユアン・マクレガーの不敵な面構えを観よ!しかし後半にはヤクと足を洗い、マトモな職について更正しようとしたりする。

バカやれるのは若い時だけなのさ、という意外に冷静な選択に我々はリアルを感じずにはいられない。昔のダチのしがらみが尾を引っ張り、なかなかチンピラから脱却できない現実もまた然り。

髭面ジャンキー、ベグビー(ロバート・カーライル)に振り回され、未来はなかなか掴みきれないのだ。Life is Fuck!!

そんな刹那系スタイリッシュ・ムービーを下支えするのが、トリップ感あふれるサウンド・トラック。疾走するイギー・ポップの『Lust For Life』、漆黒の闇をたゆたうアンダーワールドの「Born Slippy」。さらにブリット・ポップの雄BLURや、大御所ブライアン・イーノまで集結したと聞けば、サントラを買わざるを得んだろう。まさにコークやヘロのように“効く”音楽揃いである。

  1. ラスト・フォー・ライフ(イギー・ポップ)
  2. ディープ・ブルー・デイ(ブライアン・イーノ)
  3. トレインスポッティング(プライマル・スクリーム)
  4. 銀河のアトミック(スリーパー)
  5. テンプテーション(ニュー・オーダー)
  6. ナイトクラビング(イギー・ポップ)
  7. シング(ブラー)
  8. パーフェクト・デイ(ルー・リード)
  9. マイル・エンド(パルプ)
  10. フォー・ホワット・ユー・ドリーム・オブ~フル・オン・ルネッサンス・ミックス(ベドロック・フィーチャリングKYO)
  11. 2:1(エラスティカ)
  12. ボーン・スリッピー(アンダーワールド)
  13. クローゼット・ロマンティック(デーモン・アルバーン)
Ost: Trainspotting

スコットランドからやってきた『トレインスポッティング』は、御当地名物ウィスキーのように強烈な口当たり。ビジュアルもサウンドもナチュラル・ハイでブっとんでる。コイツはシニカルな酸味がたっぷりと効いた、現在進行形のフーリガン・ムービーだ。

そんなジャンルないですけど。

DATA
  • 原題/Trainspotting
  • 製作年/1997年
  • 製作国/イギリス
  • 上映時間/93分
STAFF
  • 監督/ダニー・ボイル
  • 製作/アンドリュー・マクドナル
  • 原作/アーヴィング・ウェルシュ
  • 脚本/ジョン・ホッジ
  • 撮影/ブライアン・テュファノ
  • 美術/ケイヴ・クイン
  • 編集/マサヒロ・ヒラクボ
  • 衣装/レイチェル・フレミング
CAST
  • ユアン・マクレガー
  • ジョニー・リー・ミラー
  • ケビン・マクキッド
  • ロバート・カーライル
  • ケリー・マクドナルド
  • ピーター・ムーラン
  • アイリーン・ニコラス
  • シャーリー・ヘンダーソン
  • ポーリーン・リンチ
  • アーヴィング・ウェルシュ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー