ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還/ピーター・ジャクソン

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 [Blu-ray]

ファンタジー映画の新しいバイブルとなった、空前絶後の大傑作

ファンタジーとは、悪しきものに敢然と立ち向かう勇気であり、創造力によって絶望的状況から光を見いだす力である。

ホビットたちは指輪を捨てるという苦難の旅に出たが、脚本・製作・監督を務めたピーター・ジャクソンにとっても、胃が痛むような日々であったことは想像に難くない。ニュージーランド生まれのオタク監督が、世界を向こうに回して新たな神話を語ろうというのだから。

僕は『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』(2002)のレビューで、「ピーター・ジャクソンの真価は、最終作『王の帰還』で明らかになるだろう」と書いたが、審判はついに下された。『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』は、空前絶後の大傑作である!

とにかく全てが凄い。全てが圧倒的である。ストーリーは骨太で重層的だし、迫力ある映像は観るものにプリミティヴな快感を与える。

綿密に練られたプロダクト・デザインは華麗だし(ミナス・ティリスは実に荘厳である)、レゴラスを演じるオーランド・ブルームは山咲トオルにクリソツである。僕が少年の頃に夢想していた神話が、血と肉を得て完璧に再現された。

人間、ウルク・ハイ、ナズグルが入り乱れるゴンドールでの合戦シーンは、『スター・ウォーズ帝国の逆襲 』の惑星ホスの戦闘シーンを彷彿とさせる。ハラドリムが操る巨象ムマキルは、帝国軍が操るスノーウォーカーのオマージュだ。

かつて、モーション・コントロールによって縦横無尽に移動することが可能となったカメラワークは、VFXの格段の進歩により、ダイナミズムが増した。

ジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ」トリロジーで世界を熱狂させた奇跡は、21世紀に到達した今、神話の原点ともいえる『指輪物語』によって甦ったのである。

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

そして何より、『王の帰還』は泣けるのだ。小生もトシをとったせいか、後半は涙腺が緩みっぱなし。その元凶はサムである。『二つの塔』でもそうだったが、どんなに危機的状況に陥ってもこの男は「世の中には命を懸けて守らなければならないものがある」と、ロックンローラーなセリフをはいて、観客をホロリとさせやがるのである。

特に滅びの山で、「指輪を背負うことはできないけど、あなたを背負うことはできます」と叫ぶシーンには涙がこぼれた。 『グーニーズ』(1985)や『トイ・ソルジャー』(1991)など、数々の冒険を経験してきたサムことショーン・アスティンのセリフだけに説得力がありまくり。

長い冒険を経て遂に指輪を葬ったフロドは、「It’s Done」とつぶやいたが、『ロード・オブ・ザ・リング』も第3作を迎えて「It’s Done」となってしまった。

本作は、興行的にも批評的にも大成功を収める。アカデミー賞では、『ベン・ハー』(1959)と『タイタニック』(1997)に並んで史上最多受賞数となる作品賞、監督賞、脚色賞、作曲賞、歌曲賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響賞、編集賞の11部門を受賞。映画史にその名を刻む、ファンタジー映画の最高到達点となった。

これから世界は何に期待して明日を過ごしていけばいいのか。これ以上の物語を、我々は期待していいのだろうか。とにかく断言できるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』はファンタジー映画の新しいバイブルとなったことだ。

偉大な王と共に、「ファンタジー」もまた大いなる帰還を果たした。

DATA
  • 原題/The Lord Of The Rings : The Return Of The King
  • 製作年/2004年
  • 製作国/アメリカ、ニュージーランド
  • 上映時間/203分
STAFF
  • 監督/ピーター・ジャクソン
  • 脚本/ピーター・ジャクソン
  • 製作/ピーター・ジャクソン、バリー・M・オズボーン、フラン・ウォルシュ、ティム・サンダース
  • 原作/J・R・R・トールキン
  • 脚本/フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン
  • 撮影/アンドリュー・レスニー
  • 音楽/ハワード・ショア
CAST
  • イライジャ・ウッド
  • イアン・マッケラン
  • リヴ・タイラー
  • ヴィーゴ・モーテンセン
  • ショーン・アスティン
  • ケイト・ブランシェット
  • バーナード・ヒル
  • オーランド・ブルーム
  • クリストファー・リー
  • ミランダ・オットー

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー