1976年 映画ランキング

竹島ルイの独断と偏見による1976年 映画ランキングです。ランキングは常に暫定的なので、明日にも変わるかもしれません。悪しからず。
  1. 『犬神家の一族』(市川崑)
  2. 『バリー・リンドン』(スタンリー・キューブリック)
  3. 『バルカン超特急』(アルフレッド・ヒッチコック)
  4. 『海外特派員』(アルフレッド・ヒッチコック)
  5. 『狼たちの午後』(シドニー・ルメット)
  6. 『カッコーの巣の上で』(ミロシュ・フォアマン)
  7. 『タクシードライバー』(マーティン・スコセッシ)
  8. 『ファミリー・プロット』(アルフレッド・ヒッチコック)
  9. 『大統領の陰謀』(アラン・J・パクラ)
  10. 『青春の殺人者』(長谷川和彦)
  11. 『オーメン』(リチャード・ドナー)
  12. 『君よ憤怒の河を渉れ』(佐藤純彌)
  13. 『名探偵登場』(ロバート・ムーア)
  14. 『さらば愛しき女よ』(ディック・リチャーズ)
  15. 『ダイヤモンドの犬たち』(ヴァル・ゲスト)
  16. 『不毛地帯』(山本薩夫)
  17. 『ロッキー・ホラー・ショー』(ジム・シャーマン)
  18. 『キングコング』(ジョン・ギラーミン)
  19. 『軍用列車』(トム・グライス)
  20. 『ダーティハリー3』(ジェームズ・ファーゴ)
  21. 『新・動く標的』(スチュアート・ローゼンバーグ)
  22. 『そして誰もいなくなった』(ルネ・クレール)
  23. 『暴力教室』(岡本明久)
  24. 『嗚呼!!花の応援団』(曽根中生)

OTHER RANKINGS

キネマ旬報(外国映画)
1.
『タクシードライバー』(マーティン・スコセッシ)
2.
『カッコーの巣の上で』(ミロシュ・フォアマン)
3.
『トリュフォーの思春期』(フランソワ・トリュフォー)
4.
『バリー・リンドン』(スタンリー・キューブリック)
5.
『狼たちの午後』(シドニー・ルメット)
6.
『ナッシュビル』(ロバート・アルトマン)
7.
『アデルの恋の物語』(フランソワ・トリュフォー)
8.
『愛のコリーダ』(大島渚)
9.
『フェリーニの道化師』(フェデリコ・フェリーニ)
10.
『大統領の陰謀』(アラン・J・パクラ)
キネマ旬報(日本映画)
1.
『青春の殺人者』(長谷川和彦)
2.
『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小やけ』(山田洋次)
3.
『大地の子守歌』(増村保造)
4.
『不毛地帯』(山本薩夫)
5.
『犬神家の一族』(市川崑)
6.
『あにいもうと』(今井正)
7.
『嗚呼!!花の応援団』(曽根中生)
8.
『やくざの墓場 くちなしの花』(深作欣二)
9.
『さらば夏の光よ』(山根成之)
10.
『江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者』(田中登)

AWARDS

第48回アカデミー賞
作品賞
『カッコーの巣の上で』(ミロシュ・フォアマン)
監督賞
ミロシュ・フォアマン(『カッコーの巣の上で』)
主演男優賞
ジャック・ニコルソン(『カッコーの巣の上で』)
主演女優賞
ルイーズ・フレッチャー(『カッコーの巣の上で』)
助演男優賞
ジョージ・バーンズ(『サンシャイン・ボーイズ』)
助演女優賞
リー・グラント(『シャンプー』
脚本賞
フランク・ピアソン『狼たちの午後』)
脚色賞
ボー・ゴールドマン、ローレンス・ホーベン『カッコーの巣の上で』)
第26回ベルリン国際映画祭
金熊賞
『ビッグ・アメリカン』(ロバート・アルトマン)
審査員特別賞
『Canoa』 (フィリペ・カラルス)
監督賞
マリオ・モニチェリ (『Caro Michele』)
男優賞
Gerd Olschewski (『Verlorenes Leben』)
女優賞
ヤドヴィガ・バランスカ (『Noce i dnie』)
第29回カンヌ国際映画祭
パルムドール
『タクシードライバー』(マーティン・スコセッシ)
グランプリ
『カラスの飼育』(カルロス・サウラ)
『O侯爵夫人』(エリック・ロメール)
監督賞
エットーレ・スコラ(『醜い奴、汚い奴、悪い奴』)
男優賞
ホセ・ルイス・ゴメス(『Pascual Duarte』)
女優賞
マリ・テレシク(『Déryné hol van?』)
ドミニク・サンダ(『フェラモンティ家の遺産』)
第35回ヴェネチア国際映画祭
  • 授賞作の選考なし

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー