アマデウス/ミロシュ・フォアマン

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

『アマデウス』は、“嫉妬”の映画だ。

オトコなんてものは、「俺様が一番」だと思っている自己顕示欲の強い動物であるからして、己の存在を高らかに誇示することにより、オスとしての威厳を保とうとするもの。しかしその自己顕示欲は激しい嫉妬心と表裏一体。マッチョなオトコほど、雄々しさと女々しさが同居しているものなのだ。

女性の嫉妬も厄介だが、男の嫉妬は輪をかけて厄介。しかもその嫉妬の対象は女性に向けられるものではなく、モーツァルトの音楽的天稟に対して向けられるのだ。

サリエリ:まずは音楽、おつぎが言葉, モーツァルト:劇場支配人

敬虔な音楽家サリエリは、文字通り身も心も音楽に捧げた人物。そんな彼が、モーツァルトという気品のカケラもないファック野郎に、神が天賦の才能を与え給うたことに激しいショックを受ける。

そのショックはやがて嫉妬に、嫉妬はやがて憎悪に変質。モーツァルトの才能を人一倍理解できたが故に、サリエリは己の凡才に悲嘆するんである。

やがてサリエリは、モーツァルトの家に忍び込んでは楽譜を盗み見たり、愛妻を辱めようとするなど、行動がどんどんエスカレート。ハッキリいってストーカー状態。

女の子の家に忍び込んで下着を盗む行為と、本質的には何ら変わらない。そう!言ってしまえば『アマデウス』は、哀しき中年ストーカー男の悲劇なんである。

そんなド変態ストーカーのサリエリを、陰険な役をやらせたら右に出る者がいないF・マーリー・エイブラハムが怪演。これでもかという粘着系芝居で、見事アカデミー賞を獲得。

対するモーツァルト役のトム・ハルスは、ひたすら下品かつ無教養、女好きなお気楽男を熱演。公開当時、奇抜すぎる人物造型に一部音楽関係者からクレームがついたらしいが、それも納得のトンデモキャラだ。

一人の凡才を通して天才を探る、というアイディアは面白い。クセのあるキャラクターを一貫して描き続けてきたミロシュ・フォアマンの得意分野ともいえるだろう。だが、正直いって音楽ストーカーの悲哀劇という図式だけでは、観客を引き込むだけのパンチ力に欠ける。

同じミロシュ・フォアマン監督の『カッコーの巣の上で』は、ユーモアとペーソスに満ちたドラマ展開に衝撃的なラストが用意されていた。

だが『アマデウス』はモーツァルトが35歳にして夭逝するという周知の事実にむかって、粛々とドラマが展開するのみ。我々はただ希代の天才児が精神的に衰弱していく様を、見守るだけでしかないのだ。

カッコーの巣の上で [Blu-ray]
DATA
  • 原題/Amadeus
  • 製作年/1984年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/160分
STAFF
  • 監督/ミロシュ・フォアマン
  • 脚本/ピーター・シェーファー
  • 製作/ソウル・ゼインツ、マイケル・ハウスマン、バーティル・オールソン
  • 撮影/ミロスラフ・オンドリツェク
  • 音楽/ネヴィル・マリナー
  • 美術/カレル・サーニー
  • 編集/ネーナ・デーンヴィック
CAST
  • F・マーリー・エイブラハム
  • トム・ハルス
  • エリザベス・ベリッジ
  • サイモン・カラウ
  • ロイ・ドトリス
  • クリスティン・エバソール
  • ジェフリー・ジョーンズ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー