GAME/Perfume

GAME

フロア仕様のエレクトロニカ・ハウスにシフトチェンジした、2ndアルバム

まさかこんな日が来るとは思わなんだ。

我らがPerfumeの2ndアルバム『GAME』(2008年)が発売1週目で15.4万枚を売上げ、週間アルバムランキングで堂々の1位を獲得!テクノユニットとしてはYMO以来24年11ケ月ぶりという快挙らしい。

思えば、僕が武蔵野美術大学の芸祭で彼女のステージをみたのが、2年前の2006年。天衣無縫な可愛さと天地無用なパフォーマンスで僕のハートを撃ち抜き、「彼女たちは将来絶対に大物になる!」と確信したのは間違いではなかった。彼女たちは駆け足でスターダムにのし上がってしまったのである。

という訳で小生、寝る間も惜しんで『GAME』を聴きまくった訳ですが、どうやら『モノクロームエフェクト』や『ビタミンドロップ』といった、ブレイク前のちょっと垢抜けないテクノ・ポップ(もちろんこれは意図的な計算だったのだが)とは完全に訣別。

80年代のテクノ歌謡を思わせるピコピコしたアイドル・ポップから、ブリーピーなベースラインやキック音が気持ちいいフロア仕様のエレクトロニカ・ハウスにシフトチェンジしている模様。『セラミックガール』なんて、アナログ・シンセの使い方からしてもうほとんどDaft Punkだもんね。

公共広告機構のCMソングに使用された『ポリリズム』の大ヒットによって、スタイリッシュなエレクトリック・サウンドがPerfumeのデファクトスタンダードになってしまった訳だが、よくよく考えてみれば、拍子の一致しないリズムを同時に鳴らすという変拍子(ポリリズム)の楽曲を、ここまでポップに紡ぎ上げてしまうというのは、とてつもないことだと思う。

アキバ系×渋谷系=アキシブ系などという意味不明なキャッチフレーズを一刀両断に斬り捨てるほどの、精緻なサウンド・プロダクションがここにあるのだ。

『GAME』は、作詞・作曲・アレンジと全てのイニシアチブを握った中田ヤスタカが、完全に己の色に染め上げたパーソナル感の強いアルバムでもある。

歌手の個性を無機質なまでに均一化してしまうヴォーカル・エフェクトをかけまくったサウンドは、もはや彼の別プロジェクトCapseleとの差異を見つけるのが困難なほど。

しかしながらPerfumeの三人は、この匿名性の強い音楽から極めて磁場の強いパーソナリティーをお茶の間で発揮してしまった(特にあーちゃん)。無個性から生じた唯一無二な個性にこそ、このグループの末恐ろしさが潜んでいる。

DATA
  • アーティスト/Perfume
  • 発売年/2008年
  • レーベル/徳間ジャパンコミュニケーションズ
PLAY LIST
  1. ポリリズム
  2. Plastic Smile
  3. GAME
  4. Baby Cruising Love
  5. チョコレイト・ディスコ
  6. マカロニ
  7. セラミックガール
  8. Take Me Take Me
  9. シークレットシークレット
  10. Butterfly
  11. Twinkle Snow Powdery Snow
  12. Puppy Love

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー