Perfume ~Complete Best~/Perfume

Perfume 〜Complete Best〜 (DVD付)

広島出身の少女たちによって繰り広げられる、トキメキとキラメキに満ちたテクノ・ポップ

大本彩乃(のっち)、樫野有香(かしゆか)、西脇綾香(あ~ちゃん)の3人から成るテクノポップ・アイドルユニット、Perfume。

アクターズスクール広島出身の彼女たちは、広島限定のローカルアイドルとして活動しており、楽曲製作を元「爆風スランプ」のパッパラー河合が務めていた。

当時のPVを見返してみると、正直言ってルックス、楽曲、ダンスともにいなたい印象はぬぐえない。しかしアミューズに事務所を移籍するやいなや、彼女たちの快進撃が突如始まるのである。

思い返してみれば、僕とPerfumeとの出会いは2006年の11月、武蔵野美術大学の文化祭においてであった。

この学び舎で3年間学んだ僕は(二浪したうえに三年目で中退したのであります)、久々に母校に足を踏み入れた訳であるが、まず目についたのが「ムサビに足りないものはアイドルだ!」との張り紙。

思えば、他の大学が人気お笑いタレントやロック・バンドを呼んで、楽しげなイベントを数多く催していたにもかかわらず、武蔵美といえば中沢新一のトークショーや明和電機のミニ・ライヴなど、地味すぎるラインナップ。

GOLDEN☆BEST ALL OF 明和電機

そんな苦節を経て最終的に「アイドルを呼ぶ」という結論に達した実行委員会の面々に対し、まずはその英断を讃えたいと思う。さらに、あまたのアイドルのなかからPerfumeをセレクトしたことも絶賛に値する。

今じゃRhymesterの宇多丸や掟ポルシェ(ロマンポルシェ)、木村カエラ嬢すらもファンであることを公言し、NHKのエコキャンペーンのCMにも起用されている彼女たちだが、この時点ではアキバ系の一部&マニアックなクラブ系。

しかし、トキメキとキラメキに満ちたテクノ・ポップを熱唱しながらくねくねと踊り回る姿はワールド・ワイドに可愛すぎ。同行したS嬢はそのあまりの可愛さに悶絶、失神寸前であった。デビューアルバムが『Perfume ~Complete Best~』(2007年)というタイトルなのもスゴいが、コンテンツもスゴい。

特にCapseleでクラブ・シーンを牽引する中田ヤスタカがコンポーザーを務める楽曲は、新しいアイドル・ユニットの在り方を明快に提示している。アイドルとは完成された存在ではなく、常に他者の想像によって補完される存在でなくてはならない。

「近未来テクノ3部作」とも言われる『リニアモーターガール』、『コンピューターシティ』、『エレクトロ・ワールド』で歌われるリリックは、あまりにも平板であまりにも前時代的なSF観ではあるが、高いリテラシーを有するリスナーはその隙間を想像力で埋め合わせ、”自分だけの楽曲”として補完する。

Capseleほどエッジのきいたクラブ・ミュージックではなく、ピコピコ感多め、スペーシー感高めにチューニングされたトラックが、その一助を担うのだ。

例えば宇多田ヒカルあたりとはプロモーションに投下できる金額がケタ2つぶんくらい違うんだろうが、チープながらもレトロ・フューチャーなセンスをたたえたPVは多幸感高し。

ちなみに僕はのっちが一番カワイイと思います。

DATA
  • アーティスト/Perfume
  • 発売年/2007年
  • レーベル/徳間ジャパンコミュニケーションズ
PLAY LIST
  1. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
  2. リニアモーターガール
  3. コンピューターシティ
  4. エレクトロ・ワールドエレクトロ・ワールド
  5. 引力
  6. モノクロームエフェクト
  7. ビタミンドロップ
  8. スウィートドーナッツ
  9. ファンデーション
  10. コンピューター ドライビング
  11. Perfume
  12. wonder2

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー