LEVEL3/Perfume

LEVEL3

アルバム・タイトルの『Level3』はスライムやドラキーを倒せる程度かもしれないが、実際のPerfumeのアーティスト・バリューは竜王すら一撃で倒せるレベル。

前作の4thアルバム『JPN』をリリース後、徳間ジャパンからユニバーサルJにレーベル移籍して、本格的に海外進出をスタート。

アジアツアー『Perfume WORLD TOUR 1st』を開催したり、全世界116ヵ国のiTunes Storeで彼女たちのトラックが順次配信されたり、もはやその活躍はワールドワイドなんである。

12歳で広島でデビューした少女たちも、今や25歳のオトナの女性。特にのっちこと大本彩乃の可愛らしさは年々神がかってきており、どこか憂いを秘めた瞳、スバリと伸びた足、溌剌としたダンスに、小生は“ナチュラルに恋して”いる状態であります。

あーホント可愛い。のっち可愛いのっち可愛いのっち可愛いのっち可愛いのっち可愛いのっち可愛いのっち可愛いのっち可愛いのっち可愛い(以下略)。そしてかしゆかも可愛い。かしゆか可愛いかしゆか可愛いかしゆか可愛いかしゆか可愛いかしゆか可愛いかしゆか可愛いかしゆか可愛い。んで、あーちゃんも…、はい、可愛いと思います。

ちょいとテンションがおかしな方向に行ったので話を戻すが、『JPN』が文字通りドメスティックなテクノ・ポップの究極系を作り上げようとする試みだったとするなら、『Level3』はより世界戦略にシフトしたサウンド・プロダクションを指向したアルバムといえるだろう。

M-6『未来のミュージアム』のように、『リニアモーターガール』や『コンピューターシティ』系のレトロ風味テクノ・ポップも収録されているものの、M-7『Party Maker』はトランス系、M-9『ポイント』はドラムンベースと、フロア仕様にモデルチェンジ。

特にM-13『Spending all my time』は全編英語詞のEDM(Electronic Dance Music)であり、ユーロビートっぽいイントロから既存のPerfumeサウンドからの進化が垣間見える。

Capseleでエッジーなクラブ・ミュージックを、きゃりーぱみゅぱみゅでフリーキーでグロカワイイJ-POPを産み出してきた中田ヤスタカは、正統派アイドルPerfumeという“遊び場”で、世界仕様のサウンド・プロダクションに挑んだのだ。

DATA
  • アーティスト/Perfume
  • 発売年/2013年
  • レーベル/ユニバーサルJ
PLAY LIST
  1. Enter the Sphere
  2. Spring of Life (Album-mix)
  3. Magic of Love (Album-mix)
  4. Clockwork
  5. 1mm
  6. 未来のミュージアム
  7. Party Maker
  8. ふりかえるといるよ
  9. ポイント
  10. だいじょばない
  11. Handy Man
  12. Sleeping Beauty
  13. Spending all my time (Album-mix)
  14. Dream Land

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー