Chelsea Girl/Nico

Chelsea Girl

ストレンジでウィアードな、ドロリとしたニコの内実

ファッション誌の表紙を艶やかに飾るトップ・モデルとして活躍したのち、演技にも挑戦すべく月9ドラマの端役から女優スタートし、併行して歌手活動も展開すべく、avex traxあたりからマキシ・シングルをリリース。

こんなパターンは芸能界でゴマンとある訳だが、別にこれは日本に限った話ではなく、海外のショウ・ビズの世界でも、黄金のパターンとして踏襲されている。

Nicoも10代の頃から『Vogue』や『Ellie』といった超一流ファッション誌のモデルとして活動したのち、女優としてフェデリコ・フェリーニの『甘い生活』に端役で出演。

甘い生活 Blu-ray

ニューヨークに移ったあとアンディ・ウォーホールに見いだされてThe Velvet Undergroundに参加と、流転のクリエイティブ・ライフを送ってきた。

『Chelsea Girl』(1968年)は、『The Velvet Underground & Nico』(1967年)のリリース後にThe Velvet Undergroundを脱退した彼女の、記念すべきソロ・デビュー作。

ドラムレスでベースレス、その代わりにストリングスを効果的にまぶしたサウンドは、ふわふわと白日夢的な様相を呈している。音の中心がどこにあるのか分からないような、ストレンジでウィアードな風景。それはNico自身が内包していたドラッグ・カルチャーの内実をどろりとさらけ出したかのようだ。

元祖ヘタウマとでも称すべき彼女のアンニュイなヴォーカリゼーションが、その印象をさらに強固なものにしている。特に2曲目に収録されている『These Days』は、壊れやすい玩具のように繊細で、その美しさが一瞬に凝固したかのように儚げな名曲。

ウェス・アンダーソンが、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001年)の主題歌に起用したことで、すっかり有名になった。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ [DVD]

その完成度たるや、ジャクソン・ブラウンが10代(!)の頃に作詞・作曲したとはにわかに信じられないほど。フィンガー・ピッキングによるギター・ワークに、優しいストリングスが絡み合う幻術的なアレンジに、一瞬にして心を持って行かれてしまう。

ボブ・ディラン、ルー・リード、ジョン・ケイル、ジャクソン・ブラウンなど、超豪華な布陣を従えて高い評価を得た『Chelsea Girl』をリリース後も、Nicoは数枚アルバムを発表するものの、ヒット作に恵まれず長い低迷期に入ってしまう。

そして1988年7月18日、彼女は自転車で転倒して脳内出血を起こし、数時間後に死亡した。R.I.P.

DATA
  • アーティスト/Nico
  • 発売年/1968年
  • レーベル/Verve
PLAY LIST
  1. The Fairest Of The Seasons
  2. These Days
  3. Little Sister
  4. Winter Song
  5. It Was A Pleasure Then
  6. Chelsea Girls
  7. I’ll Keep It With Mine
  8. Somewhere There’s A Feather
  9. Wrap Your Troubles In Dreams
  10. Eulogy To Lenny Bruce

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー