Gorillaz/Gorillaz

Gorillaz

あらゆる音楽をジャンルレスに横断した、デーモン・アルバーンのアナザー・プロジェクト

もはや、僕も名実共にオッサン呼ばわりされる年齢となった。

それにつれてアルツハイマーかと思うくらいに物忘れも激しくなり、風呂場で「あれ?いま俺シャンプーしていたんだっけ?リンスしていたんだっけ?」と途方に暮れて、結局2回もリンスしてしまうことも少なくない今日この頃である。どーなってんだ俺の頭の中の消しゴム。

そんな訳で、ある特定のアーティスト&特定のアルバムとの出会いなんぞ、もはや何も覚えていないのだが、何故だかGorillazとの出会いだけは鮮明に覚えている。

女子2人と僕1人というハーレム状態で伊豆の温泉に行った時、レンタカーのステレオから流れてきたのが、彼らのデビューアルバム『Gorillaz』(2001年)だったのだ(ちなみに泊まった宿では何一つロマンチックなことは起きなかった)。

2D(ボーカル)、ヌードル(ギター)、マードック・ニカルス(ベース)、ラッセル・ホブス(ドラムス)による、架空のカートゥーン・バンドという匿名性の強いコンセプト。

Blurのフロントマンである、デーモン・アルバーンによるアナザー・プロジェクトであることは、後になって知ったのだが、とにかく当時はあらゆる音楽をジャンルレスに横断した、ゴッタ煮的サウンドにハマりまくった記憶がある。

シングルカットされて世界的に大ヒットとなったM-5『Clint Eastwood』、ヘロヘロの笛の音色が程よい膝カックンを保証するM-10『Rock The House』、チボ・マットの羽鳥美保による「Get the cool shoe shiine!」のシャウトがクールなM-11『19-2000』、ゆるーいダヴ・サウンドが気持ちいいM-16『Dracula』。

ビートを抑えた、ミドルテンポのトラックこそが彼らの真骨頂。ヒップホップ・オリエンテッドなロックナンバーをきどりながらも、その本質はブルージーな倦怠感にある。

2003年にリリースされたDVD『PHASE ONE:CELEBRITY TAKE DOWN』では、自分で画面操作しながらビデオクリップやショート・アニメを楽しめるなど、メディアの特性を活かしたインタラクティヴな試みも旺盛。正直、“ブリット・ポップの雄”ともてはやされていたBlurに全く馴染めなかった僕も、これならばマル。

Phase One: Celebrity Take Down [DVD] [Import]

ヴァーチャルな空間で繰り広げられる極上のユルロックに、何度もアクセスしてしまうだろう。

DATA
  • アーティスト/Gorillaz
  • 発売年/2001年
  • レーベル/Virgin
PLAY LIST
  1. Re-Hash
  2. 5/4
  3. Tomorrow Comes Today
  4. New Genious (Brother)
  5. Clint Eastwood
  6. Man Research (Clapper)
  7. Punk
  8. Sound Check (Gravity)
  9. Double Bass
  10. Rock the House
  11. 19-2000
  12. Latin Simone
  13. Starshine
  14. Slow Country
  15. M1 A1
  16. Dracula
  17. Left Hand Suzuki Method

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー