k is s/Kan Sano

J-Pop的構造にとらわれない、耳障りの良いポップネス

僕がKan Sanoの名前を初めて知ったのは、テレビ朝日系音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(この番組はマジで勉強になります)。蔦谷好位置が『C’est la vie feat. 七尾旅人』を激推ししていて、恥ずかしながら彼の名前を認識した次第。

ざっとKan Sanoのプロフィールをチェックしてみると、高校卒業後に渡米してボストンのバークリー音楽大学に入学。全然ジャズ・ミュージシャン志望じゃなかったのに、ジャズ作曲科でコンテンポラリー・ジャズを勉強していた変わり種だった。

帰国後はシコシコとトラックをつくっては、My Spaceにアップしたり、海外のレーベルにデモを送ったりする日々。ホテルのラウンジでピアノの弾き語りをしたこともあったという。

次第にキーボーディスト兼プロデューサーとして頭角を表し、CHARA、UA、土岐麻子、大橋トリオ、青葉市子、七尾旅人らのレコーディングに参加。その傍ら、自分のソロアルバムも次々と発表するという、八面六臂の活躍ぶり。

『Fantastic farewell』(2011年)でソロデビューを飾り、『2.0.1.1.』(2014年)を経て発表された3rdアルバムがこの『k is s』(2016年)だ。

『2.0.1.1.』(Kan Sano)

ネオソウルを起点にして、ヒップホップ、ブロークンビーツ、ハウス、ジャズ、あらゆるジャンルをクロスオーヴァーに摂取し、血肉化させたサウンドは、耳障りの良いポップネスをたたえながらも、どこかアヴァンギャルドな手つき。

「イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ」というJ-Pop的構造にとらわれない展開は、「(音楽的に)どこにも属したくない」というKan Sanoの矜持が見て取れる。全体的にアシッドでジャズ・ファンクな感じは、むしろIncognitoに近いかも。

どのナンバーも捨て曲ナシの名盤だが、やっぱM-4『C’est la vie』は名曲ですね。気持ちよくレイドバックした鍵盤の和音に、音数を抑えたアーヴァンなトラックと、七尾旅人の透明感溢れるヴォーカルが重なる。

M-7『Momma Says』もイイ。彼自身が影響を受けたというエリカ・バドゥを思いっきり意識したであろうネオ・ソウル。そのてらいのなさに、逆にミュージシャンとしての矜持が滲み出ている。

ちなみに僕の中でKan Sanoとtofubeatsは、「細面なトラックメーカー系メガネ男子」という同一フォルダに格納されている。写真を見ても、いつも取り違えてしまう。毎度すいません。

DATA
  • アーティスト/Kan Sano
  • 発売年/2016年
  • レーベル/origami PRODUCTIONS
PLAY LIST
  1. Penny Lane
  2. Magic!
  3. Reasons feat. Michael Kaneko
  4. C’est la vie feat. 七尾旅人
  5. lovechild
  6. Can’t Stay Away feat. Maylee Todd
  7. Momma Says feat. 島村智才
  8. LAMP
  9. と び ら
  10. Awake Your Mind
  11. Let It Flow

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー