Finally We Are No One/Mum

FINALLY WE ARE NO ONE

人肌程度の温かさを感じさせる、ハート・ウォーミングなフォークトロニカ

アイスランドなんぞ、左遷させられて行くような国だと思っていたが、とんでもない。グリーンランドの南東方に位置するこの小国は、幻想的なサウンドをクリエイトするアーティストを多数輩出している「音楽の宝庫」なのだ。

Bjork、Sigar Ros、Johann Johannson…。ポストロックの文脈で語られる彼らが紡ぎだすのは、地表の約10%が氷河に覆われるという土地柄を彷彿とさせる、孤高かつ荘厳な音楽。まるで世界には自分たちしか存在しないと思わせるような、屹立した世界がそこにある。

だが、レイキャビク出身の4人組ユニットMumが奏でるのは、人肌程度の温かさを感じさせる、ハート・ウォーミングなフォークトロニカだ。

ヴァイオリン、オルガン、チェロ、アコーディオンといった生楽器の音色が、デジタルに刻まれるビートと優しく共振し、牧歌的ともいえる風景を呼び起こす。それはまるで、子供の頃に夢中になって読んでいた絵本の世界。

オルヴァル・スマラソン、グンネル・ティーネス、双子姉妹のギーザ・アンナ&クリスティン・アンナによって結成されたMumは、もともと子供のための演劇を通じて出会ったユニット。

ちなみにギーザ・アンナとクリスティン・アンナは、Belle & Sebastianの『Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant』(2000年)のジャケットを飾っていることでも有名だ。チャイルディッシュなトイポップ的世界観は、そのような素養があったからこそなのかもしれない。

わたしのなかの悪魔

筆者が特に愛聴しているのが、2ndアルバムの『Finally We Are No One』(2002年)である。ギーザとクリスティンがあどけない声で、M-7『Now There’s That Fear Again』をささやくとき、夜の帳が静かに舞い降りて、燭台にオレンジ色の小さな炎を灯す。僕たちはただ静かに、ベッドの上で幻想的な世界に身を浸らせながら、ホットココアをすすりつつ絵本のページを捲る。

『Finally We Are No One』を聴く時の、これが絶対的に正しい処方である。

DATA
  • アーティスト/Mum
  • 発売年/2002年
  • レーベル/Fat Cat
PLAY LIST
  1. Sleep/Swim
  2. Green Grass Of Tunnel
  3. We Have A Map Of The Plane
  4. Don’t Be Afraid, You Have Just Got Your Eyes Closed
  5. Behind Two Hills.A Swimmingpool
  6. K/Half Noise
  7. Now There’s That Fear Again
  8. Farawat Swimmingpool
  9. I Can’t Feel My Hand Anymore, It’s Alright, Sleep Tight
  10. Finally We Are No One
  11. The Land Between Solar Systems

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー