Narkissos/サディスティック・ミカ・バンド

NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)

最強のロック・ミューズ木村カエラを召喚して、3度目の再結成を果たした入魂作

可憐な木村カエラ嬢にゾッコンなロック親父共が、己のメンツにかけて完成させたアルバム。キリンラガービールのCMがきっかけで3たび復活したミカバンドですが、実は僕は彼らに関してはほとんど基礎知識がない。

把握しているのは、元ザ・フォーク・クルセダーズの加藤和彦と、高中正義と、高橋幸宏が在籍していて、『タイムマシンにおねがい』が大ヒットして、日本よりも外国での評価が高いバンド、ということぐらい。

どちらかというと、桐島かれんが参加した2度目の再結成の頃が、僕の世代としてはタイムリーでした。『ボーイズ&ガールズ』っていい曲だったよな。「Feel me…僕は君じゃな~い♪」ってやつ。あれ?これ歌ってたの、幸宏だよね。桐島かれん、関係なし?

天晴

んで『ナルキッソス』(2006年)ですが、うーんごめんなさい。このアルバムあんまり好みじゃないです。加藤和彦・小原礼が志向するブルージーなフォーク・ロックと、幸宏が志向するエレクトロニカ・ミュージックと、高中正義が志向するフュージョンとの音楽的な乖離がありすぎて、トータルアルバムとして全然聴けない。

そのギャップを、木村カエラという現在最強のロック・ミューズによって接着しようとしているんだけど、別に全曲歌っている訳でもないんで、ますます混沌を深めるiPodシャッフル状態に。

このメンバーに通低している音楽ってなくはないんだろうけど、単にお互いのプレイの博覧会になっちゃってる気がする。

実質カエラ嬢の魅力がフューチャーされた楽曲って、『タイムマシンにおねがい』の2006年度ヴァージョンと、『タイムマシン~」と同じ作詞・松山猛、作曲・加藤和彦コンビによる『Big-Bang,Bang!愛的相対性理論』ぐらいなんだが、この2曲はマジでイイ!!

特に『Big-Bang,Bang!愛的相対性理論』の、「ダ・ダ・ダ・ダ・ダ…」というキャッチーなリフは最高。ファニーかつゴージャス、アンニュイなのにグラマラス。洋楽的なグルーヴにもいききらない、ウェルメイドな国産ロックだと思う。

という訳で、『ナルキッソス』は渋くて安定感のあるプレイが楽しめるアルバムだし、カエラ嬢の歌声も伸びやかでバッチリはまっているんだけど、フォーク・ロックに偏向している楽曲がどうも個人的に馴染めないので、ヘビー・ローテにはなりませんでした。

『タイムマシンにおねがい』と『Big-Bang,Bang!愛的相対性理論』だけは聴きまくっておりますが、何か?

DATA
  • アーティスト/サディスティック・ミカ・バンド
  • 発売年/2006年
  • レーベル/コロムビアミュージックエンタテインメント
PLAY LIST
  1. Big-Bang,Bang!愛的相対性理論
  2. Sadistic Twist
  3. in deep hurt
  4. Last Season
  5. King fall
  6. Sockernos
  7. Tumbleweed
  8. Jekyll
  9. Low Life and High Heels
  10. NARKISSOS
  11. タイムマシンにおねがい-2006 Version(Bonus track)

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー