Philharmony/細野晴臣

フィルハーモニー

70年代のトロピカル路線とは一線を画す、ミニマルな音響空間

YMOは『TECHNODELIC』(1981年)のツアー後に一時休止状態となり、各メンバーはソロ活動に没頭することになる。

テクノデリック

坂本龍一がRCサクセションの忌野清志郎と組んで『い・け・な・いルージュマジック』をリリースしたり、高橋幸宏が鈴木慶一とビートニクスを結成する間、細野晴臣はまだ日本には馴染みのなかったニューウェーブ系アーティストを世の中に送り出したいという一心から、アルファレコード内で高橋幸宏と共同で「YEN」というレーベルを発足。立花ハジメ、コシミハル、上野耕路、ゲルニカといった新進気鋭のミュージシャンが顔を連ねた。

そんなYENレーベルの記念すべき第一弾としてリリースされた作品が、細野6枚目のソロ・アルバムとなる『Philharmony』(1982年)である。

録音は自身のプライベートスタジオLDKで行われ、加藤和彦、立花ハジメ、上野耕治といったアーティストが多数参加。サンプリングマシンの代表的名機イミュレーターを駆使し、70年代のトロピカル路線とは一線を画す、ミニマルな音響空間を創り上げた。

YMOがテクノを標榜しながらも、その演奏は人力によるフュージョン系だったのに対し、徹頭徹尾サンプラー+リズムマシンで構築された『Philharmony』のサウンドは、当時「サンプリング荒らし」という異名をとったほど。

インプットした音をすぐアウトプットできるという、即興性に優れたイミュレーターを使うことによって、細野の優れたエディット&ループ感覚がより研ぎすまされた形で表出することとなった。

M-5『リンボ』、M-9『フィルハーモニー』のミニマル感、M-3『ホタル』のエスニック感、M-8『スポーツマン』のテクノ感。最新テクノロジーの壮大な実験場という趣きさえ感じられる本作だが、かといってミュージック・コンクリートのような前衛音楽っぽい音作りではない。

あくまでメロディー主体のポップ・ミュージックとしてまとめあげているあたりが、細野晴臣の細野晴臣たるトコロ。だからこそ、後年ワールド・シャイネスでカントリー・ミュージック・スタイルのリアレンジを施しても、楽曲の輝きは全く失せないんである。

ちなみにボーナストラック『夢見る約束』は、もともとLPの初回プレス版に付属していたソノシートに収録されていたというレア・トラックだが、CD版もパソコンに入れてネットに繋がないと聞けないという、トホホな仕様。

まずは『Flying Saucer 1947』(2007年)の11曲目に収録されている、UAとのコラボレーション・バージョンで満足すべし。

FLYING SAUCER 1947
DATA
  • アーティスト/細野晴臣
  • 発売年/1982年
  • レーベル/YEN
PLAY LIST
  1. ピクニック
  2. フニクリ,フニクラ
  3. ホタル
  4. プラトニック
  5. リンボ
  6. L.D.K.
  7. お誕生会
  8. スポーツマン
  9. フィルハーモニー
  10. エア・コン

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー