『ダークナイト』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

【ネタバレ解説】映画『ダークナイト』バットマンが象徴するもの、アメコミ映画史に与えた影響を徹底考察」という考察記事をフィルマガに寄稿しました。

『ゴッドファーザー PART II』(1974)、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)、『エイリアン2』(1986)、『ターミネーター2』(1991)……。

映画史にはあまたの傑作「パート2」作品が存在するが、2000年代を代表する「パート2」といえば『ダークナイト』をおいてないだろう。本作は単なる『バットマン ビギンズ』の続編というだけではなく、今やアメコミ映画史上に燦然と輝く金字塔的な作品として認知されている。

興行的にも目覚ましい成績を打ち立て、わずか5日間で2億ドル、10日で3億ドルを売り上げ、世界興行収入は最終的に10億ドルを突破。『タイタニック』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に次ぐ歴代4位を記録した(公開当時)。

という訳で今回は、『ダークナイト』についてネタバレ解説していこう。

ぜひご一読ください!

Next Post

『ドラゴン・タトゥーの女』に関する考察をフィルマガに寄稿しました

土 6月 15 , 2019
「【ネタバレ解説】映画『ドラゴン・タトゥーの女』本当のテーマ、キャスティングの意味を徹底考察」という […]
ドラゴン・タトゥーの女

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー