はなればなれに/ジャン・リュック・ゴダール

はなればなれに Blu-ray

“若気の至り”な感覚がスパークした、ボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー

たった二十五日間という、超早撮りで完成させてしまったゴダールの『はなればなれ』は、若気の至りに満ちた映画である。

何だか構成がスカスカだし、フレームずれてるし、明らかにもう1テイク撮り直した方がいいな~というシーンがあるにもかかわらず(あるいはそれゆえかも知れないが)、最高にファンキーでヒップ。1本の作品に2年も3年も費やすキューブリックと比べて、あーだこーだ語ってもしょうがないからそこは割愛するが、未成熟なチープさが魅力だったりするのが、『はなればなれ』なのである。

ヌーベルバーグの女神アンナ・カリーナと、端正な二枚目のサミー・フレイと、粗暴なクロード・ブラッスールのカルテットが織り成すのは、典型的なボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。だからこそ、最高に楽しくて、最高に可笑しくて、最高に悲しい。

蓮實重彦も語っているように、「けちな犯罪者たちのちっぽけな愛の物語が、どうしてこれほどの叙情を画面にゆきわたらせるのかは、三十年たった今も謎」なのである。東大の元総長が分からんと言っているんだから、僕にも分からん。

『勝手にしやがれ』(1960年)や『気狂いピエロ』(1965年)といった作品に比べ、明らかに「小品」といった印象が強いこの映画だが、だからこそゴダールの茶目っ気も炸裂しまくり。

主役三人が沈黙しだすと、まわりの自然音すらミュートされてしまう「音」への実験的アプローチは、自由奔放なゴダールの実験精神の賜物。何てたって、突然三人がカフェで踊り出すマディソン・ダンスが超絶キュートではないか!アンナちゃん、けだるさ加減がグーだね。僕も御一緒させておくれ。

勝手にしやがれ [Blu-ray]

『はなればなれ』は、ゴダールの“若気の至り”な感覚がスパークしているのにちっとも青臭くない。アンナ・カリーナが未成熟な「女性」を芳香させているのに、ガキ臭くないのと同じだ。

まずは思う存分自由な空気を吸い込め!ケチな愛の物語を堪能しろ!ゴダール映画は楽しんだモン勝ちだ。そして、ゴダールのフィルモグラフィーの中でこれほど「楽しさ」に溢れた作品もないのである。…余談だが、良識のある大人はルーブル美術館を走ってはいけません。捕まります。

《トリビア》
クエンティン・タランティーノのプロダクション会社「A Band Apart」は、彼がファンを公言する『はなればなれ』の原題から名付けられたそうな。

DATA
  • 原題/Bande A Part
  • 製作年/1964年
  • 製作国/フランス
  • 上映時間/96分
STAFF
  • 監督/ジャン・リュック・ゴダール
  • 脚本/ジャン・リュック・ゴダール
  • 製作/フィリップ・デュサール
  • 原作/ドロレス・ヒッチェンズ
  • 撮影/ラウール・クタール
  • 音楽/ミシェル・ルグラン
  • 編集/アニエス・ギュモ
  • 録音/アントワーヌ・ボンファンティ、ルネ・ルヴェール
CAST
  • アンナ・カリーナ
  • サミー・フレー
  • クロード・ブラッスール
  • ルイザ・コルペン
  • エルネスト・メンジェル
  • シャンタル・ダルジェ
  • ジョージ・スタケ
  • ダニエル・ジラール
  • ミシェル・デラアエ
  • ミシェル・セニエ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー