俺たちに明日はない/アーサー・ペン

俺たちに明日はない [Blu-ray]

『俺たちに明日はない』に関する1ダース

  1. 世界で最も影響力のある週刊誌タイムが、暴力やセックスに彩られたアンチモラル・ムービー『俺たちに明日はない』を、「新しいアメリカ映画(ニュー・シネマ)」と評したことから、アメリカン・ニュー・シネマの第一号作品として認知されている。
  2. アメリカン・ニューシネマという言葉は、実は日本のジャーナリズムによって作り上げられた造語。アメリカでは単にニュー・シネマと呼ばれている。
  3. 本作のプロデューサーを務めたウォーレン・ベイティは、当初フランソワ・トリュフォーやジャン・リュック・ゴダールを監督に迎えようとしていた。トリュフォーは『華氏451』の撮影のためにスケジュールが合わず、ゴダールはハリウッド・システムの嫌悪感から打診を断ったらしい。
    華氏451 [DVD]
  4. ウォーレン・ベイティの実姉シャーリー・マクレーンがボニー役を熱望していたが、ベイティがクライド役に決定したために役を降り、姉弟共演は幻となった。
  5. ボニー・パーカーとクライド・バロウは、世界恐慌時代に銀行強盗を繰り返した実在のギャング・カップル。ただしクライドがインポだったという事実はなく、映画上の創作である。
  6. フェイ・ダナウェイのトレンチにベレー帽というクールな出で立ちは、当時流行となった。ただし実際のボニーはダナウェイのような美女ではなく、身長150センチの小柄な女性であった。
  7. デヴィッド・ニューマンと共同で、シナリオを執筆したロバート・ベントンは、後に『クレイマー、クレイマー』でアカデミー監督賞を受賞するなど、アメリカを代表するフィルムメーカーに転身した。
    クレイマー、クレイマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
  8. マイケル・J・フォックスは、車に詳しい不良青年C・W・モスを演じたマイケル・J・ポラードに憧れていたことから、芸名に“J”の字をつけた。
  9. 『俺たちに明日はない』のリメイク版で、ボニー役にヒラリー・ダフが内定したというニュースを受けて、フェイ・ダナウェイは「せめて本物の女優をキャスティングできなかったの?」とコメント。
  10. ボニーとクライドが87発の銃弾を受けて絶命する壮絶なラストは、映画史上に残る名シーンのひとつ。踊るかのごとく身もだえて惨殺されることから、後に“死のバレエ”と称された。
  11. その“死のバレエ”の直前、死を予感したウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイのアップが素晴らしい。諦めとやるせなさ、お互いの愛情の確認、あらゆる感情が入り交じった二人の表情。個人的には本作のベストショット。
  12. セックスのことしか考えていない17歳童貞男子の青春を描いた『俺たちに明日はないッス』も傑作なので、要チェックなり。
DATA
  • 原題/Bonnie and Clyde
  • 製作年/1967年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/112分
STAFF
  • 監督/アーサー・ペン
  • 製作/ウォーレン・ベイティ
  • 脚本/デヴィッド・ニューマン、ロバート・ベントン
  • 撮影/バーネット・ガフィ
  • 音楽/チャールズ・ストラウス
  • 美術/ディーン・タヴラリス
  • 衣装/セアドラ・ヴァン・ランクル
CAST
  • ウォーレン・ベイティ
  • フェイ・ダナウェイ
  • ジーン・ハックマン
  • マイケル・J・ポラード
  • エステル・パーソンズ
  • デンヴァー・パイル
  • ダブ・テイラー
  • エヴァンス・エヴァンス
  • ジーン・ワイルダー

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー