ヒート/マイケル・マン

ヒート 製作20周年記念版(2枚組) [Blu-ray]

アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの二大スタアがアウラを放射しまくる、クライム・アクション

21世紀の今となっては想像すらできないが、かつて銀幕の世界では確実に「スタア」が映画の骨格を築きあげた時代があったんである。その肉体から沸き起こるアトモスフィアが、映像を規定し、ドラマを規定し、映画全体を規定する。それはシネマ黎明期の幸せな時代だった。

やがて、ヒッチコックの有名な「俳優は家畜同然」発言を例に挙げるまでもなく、演出家が映画全体を統率し始めると、俳優の存在価値は物語を構成するワン・ピースにしか過ぎなくなる。

しかし、スタアは死滅した訳ではない。ジャン・ギャバン、クラーク・ゲーブル、ハンフリー・ボガート、ポール・ニューマン、マーロン・ブランドー、マレーネ・デートリッヒ、イングリッド・バーグマン、ヴィビアン・リー、マリリン・モンロー…。

映画ファンは、時代のスタアをその眼にしっかり残さんとして、映画館に足を運び、彼らの一挙手一投足に身も心も焦がした。スタアとは、映画という虚構世界を逸脱するほどのアウラを発しまくる、真に選ばれし者なんである。

んでもって、『ヒート』である!アル・パチーノとロバート・デ・ニーロである!二大スタアそろい踏みである!かつて『ゴッドファーザー PARTII』でクレジットされたことのある両者であるが、共演する場面はなかったため、この映画が実質的な初共演作と言って良ろかしろう。

ゴッドファーザー  PARTⅡ<デジタル・リストア版> [Blu-ray]

パチーノとデ・ニーロという固有名詞が醸し出す特権性。マイケル・マンは狂喜乱舞しながら、この二人に正義の番人と悪のヒーローの役を割り当て、現代のフィルムノワールを復権しようとしたんではないか。

アラン・ドロン&ジャン・ポール・ベルモンドの『ボルサリーノ』のごとく、あるいはジャン・ギャバン&ジャン・ポール・ベルモンドの『冬の猿』のごとく。

『ヒート』においては、この両雄が絶対的な存在である。だからデ・ニーロ率いる犯罪チームが大挙したロス市警に取り囲まれても、たった3人で包囲網を突破してしまうというアンビリーバボーな展開も“アリ”なんである。

ロバート・デ・ニーロの強烈なアウラによって、それは全くもって“アリ”になってしまうんである。そこにマシンガンを抱えたパチーノが登場してアウラとアウラがぶつかった瞬間、沸点は最高潮に達し、その勢いで地球は自転を早め、果ては宇宙のビッグバンを引き起こす。映像は完全にこの二人に支配されるんである。

執拗なまでにLAの夜景を撮らなければ気が済まないマイケル・マンは、クライマックスの舞台に夜のロサンゼルス空港を用意した。彼のフェイバリット・プレースで、二大スタアは最後の決戦に挑む。

光と影の存在である彼らを、光と影のコントラストを強調した絵作りで見せ、ラストは戦い終わった男たちの熱い握手で終わらせる!ここまで徹底的にスタア・ムービーをフィルムノワールという意匠を借りて創り上げたことに、僕は感動すら覚える。見事です。

《補足》
音楽についても言及させていただくなら、エリオット・ゴールデンサールによるサウンドトラックは実に素晴らしいと思う。

Heat: Music from the Motion Picture Soundtrack edition (1995) Audio CD

モービー、ブライアン・イーノ+U2、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、クロノス・カルテットなど、現代音楽からロック・ミュージックまでの著名ミュージシャンを用いて、現代音楽風ミニマル・ミュージックを奏でている。

DATA
  • 原題/Heat
  • 製作年/1995年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/171分
STAFF
  • 監督/マイケル・マン
  • 製作/マイケル・マン、アート・リンソン
  • 製作総指揮/アーノン・ミルチャン、ピーター・ジャン・ブルージ
  • 脚本/マイケル・マン
  • 撮影/ダンテ・スピノッティ
  • 美術 ニール・スピサック
  • 音楽/エリオット・ゴールデンサール
  • 衣装 デボラ・L・スコット
CAST
  • アル・パチーノ
  • ロバート・デ・ニーロ
  • ヴァル・キルマー
  • ジョン・ヴォイト
  • トム・サイズモア
  • ダイアン・ヴェノーラ
  • エイミー・ブレネマン
  • アシュレイ・ジャッド
  • ナタリー・ポートマン

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー