3Years, 5Months & 2Days In The Life Of../Arrested Development

テネシー(遠い記憶)

とにかくピースフル、果てしなくフレンドリー。やたら地球に優しいオルタネイティヴ・ラップ

マイケル・ジョーダンがシカゴで「神」と称され、スパイク・リーがニューヨークを拠点にブラック・ムービーを世界に発信し始めた’80年代後半から90年代。

年々白くなるマイケル・ジャクソンの皮膚とは逆の放物線を描いて、ネグロイドはネグロイドとしてのステータスを確立しはじめる。

それは特にミュージック・シーンに顕著だった。ブラック・ミュージックはより攻撃的なヒップ・ホップに先鋭化され、彼等が社会に向けて発するリリックを、白人が受容するという逆転現象が起きる(ヒップホップを支えるマーケットの大多数は、白人のティーンエイジャーだと言われている)。

すっかり軟弱化したWASPにとってかわり、ブラックはその過激さ故に憧れの対象となり、「パワーの象徴」として都市に君臨。例えるなら彼等は音楽界のマルコムXだったのだ。

そんなNotorious B.I.GやRUN D.M.Cなどギャング・スター・ラップが全盛だった93年、1stアルバム『3Years,5Months & 2Days in the life of…』(1992年)でデビューしたのが、Arrested Developmentである。

とにかくピースフル、果てしなくフレンドリー。ギャングスターラップなど眼中になし、やたら地球に優しいオルタネイティヴ・ラップで、僕らのハートをわしづかみ。

ホントはアフリカに行ったことはないのに、「アフリカが黒人の心の故郷だぜ!!」と熱唱するリーダー・Speechが創造する音楽は、鳥がさえずり、軽めのスネアが優しく音楽を包み込む。エコロジー、リサイクル、ネイチャー思考が全編を貫く。

しかも、なぜか精神指導者みたいなジジイこと“ババ”が、杖を持って座っている(このジジイは本当に座っているだけ。楽器なぞ何も持たないのだ)。例えるなら彼等は、音楽界のガンジーなのだ!!!

生楽器を多用したサウンドとスピリチュアルなメッセージが、当時いかに斬新だったことか。ギャング・スター・ラッパーが、いかに過激なリリックで聴衆を挑発したところで、ババがだまってステージの中央に座っている図にはかなわない。

そーだ、いいぞババ!!暴力反対!!平和万歳!!しかもArrested Developmentは『Tennessee』、『People Everyday』の2大ヒットでグラミー賞を2部門も受賞してしまったのだ。おめでとうございます。

スピリチュアルだけだったら、単なるニューエイジとして認識されていた彼等の音楽は、Speechのインテリジェンスとオアソビ心によって、ジジイのたたずまいすらも一種の「スピリチュアル的な記号」として、人々に認知させることに成功したのだ。

Arrested Developmentは次作『Zinggalamaduni』(1994年)を発表後、アッサリと解散。

Zingalamaduni

Speechはソロとして活動を始めたものの、よほどファミリーが懐かしかったのか、再結成を果たす。残念ながらフルメンバーが再招集されてはいないが、ババはちゃんといる。でも音楽にはやっぱりたずさわってない。

DATA
  • アーティスト/Arrested Development
  • 発売年/1992年
  • レーベル/Chrysalis
PLAY LIST
  1. Man’s Final Frontier
  2. Mama’s Always On Stage
  3. People Everyday
  4. Blues Happy
  5. Mr. Wendal
  6. Children Play With Earth
  7. Raining Revolution
  8. Fishin’ 4 Religion
  9. Give A Man A Fish
  10. U
  11. Eve Of Reality
  12. Natural
  13. Dawn Of The Dreads
  14. Tennessee
  15. Washed Away

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー