Mint-Electric/PSY・S

Mint-Electric(紙ジャケット仕様)

電脳都市を徘徊する、未来進行形ポップ・ソング

電脳都市を徘徊する、未来進行形ポップ・ソング。極彩色のストリングスが、シンセサイザーに溶け込み、美しき音塊がカラフルでソリッドなグラデーションを形成する…。

浪速のソウルシンガー・チャカと、個人でフェアライトを所有していたという筋金入りシンセ野郎・松浦雅也によるユニット、PSY・Sのサウンドを形容するなら、こんなところか。

80年代は日本でもエレ・ポップが大量発生した時代でもあるが、PSY・Sはそのトップランナーとして時代を駆け抜けた。

超高音キーを自在に操るチャカのエンジェル・ボイス。パワフルだが、ウェットではない。

彼女の存在は、松浦雅也の2進数的打ち込みサウンドを、素数的叙情サウンドに変質させる、強力なコンバーターだ。聴くものに叙情的風景を思い起こさせる、その引力。

しかし哀しいかな、チャカこと安則まみは、ビジュアル的に天童よしみにクリソツであったのである!これがPSY・Sがメジャーになり切れなかった最大の要因といっても過言ではありますまい。

天童よしみ2020年全曲集

世間的に人気の高いアルバムは、緻密なサウンド・プロダクションが聴く者を圧倒する『NON-FICTION』 あたりなんだろうが、個人的には、耳触りのいいキャッチーなナンバーがコンパイルされている『Mint-Electric』が好みである。

特に5曲目に収録されている『レモンの勇気』は、「モーニング娘。」のフロントガール安部なつみによってカバーされたほどの名曲。サエキけんぞうが作詞を担当した、叙情的テクノポップだ。

PSY・Sが産み落とした音楽は、21世紀になった今、J-POPのトップ・アイドルによって引き継がれたのだ。

嗚呼、もしチャカのルックスが安部なつみ似であったなら、PSY・Sは80年代を代表する超メジャーユニットだったろう。しかし惜しいかな、チャカは天童よしみ似であった(二度目)。やっぱりビジュアルは、極めて大切な要素なんである。

後年、チャカはソロとして活躍。松浦は故伊丹十三監督のホラー映画『スウィートホーム』のサントラを担当した後、プレイステーションのゲーム『パラッパラッパー』を手掛けた。お陰で松浦は一躍スーパーリッチに。

【PS4】パラッパラッパー

やっぱり世の中、先立つものはお金である。

DATA
  • アーティスト/PSY・S
  • 発売年/1987年
  • レーベル/ソニーミュージックエンタテインメント
PLAY LIST
  1. Simulation
  2. 電気とミント
  3. 青空は天気雨
  4. TOYHOLIC
  5. Lemonの勇気
  6. Sweet Tragedy
  7. Long Distance
  8. Cubic Lovers
  9. ガラスの明日

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー