A Hundred Days Off/Underworld

A Hundred Days Off

清潔でよく磨かれた純白のキッチンのような、ピースフルでクワイエットな空間

80年代~90年代にかけてイギリスで巻き起こったムーヴメント、セカンド・サマー・オブ・ラヴ。

若者たちは、’67年のヒッピー・ムーブメント「サマー・オブ・ラブ」の再来を信じ、野外や倉庫で肩を寄せ合っては愛を語り、ケミカルドラッグを吸引し、アッパーな日々を過ごしていた。ドラッグの取締りが厳しくなって、そのムーヴメントは90年代半ばには終息してしまうのだが。

そんな時代と呼応するように、90年代にUnderworldがアルバム『Dubnobasswithmyheadman』(1994年)や、『Second toughest In The Infants』(1996年)で提示したのは、レイヴ・カルチャーと共振した、ドラッギーでトランシーなトラックだった。

『Dubnobasswithmyheadman』(Underworld)

もともとFreurというロックバンドを出自としているだけに、ギターをサンプリングしたフレーズが登場したりと、プログレな楽曲も満載。キレ味鋭いスマッシュビートが、オーディエンスをフィジカルに覚醒させたんである。

しかし、ゼロ年代を飾る(同時にダレン・エマーソン脱退後初となる)アルバム『A Hundred Days Off』(2002年)は、過去のフィルモグラフィーと比較して、よりふわっとした清涼感が強調されている。

別にチルアウトしたという意味ではない。アッパーなビートはキープされているものの、音と音の隙間の余剰感が膨らみを増し、まるでアルカリイオンのシャワーを浴びているかのような心地よさがあるんである。

『A Hundred Days Off(100日間のお休み)』という珍妙なタイトルは、リック・スミスの子供が

「100日に1日しか学校に行かずに住んだらどんなに素晴らしいだろう!」

と話したのがキッカケであるらしい。「これはすばらしいアイデアだと思ったんだよ。実際、僕たちは休養が必要だった」とカール・ハイドは語る。

巷のリラクゼーション・ミュージックのようにスローテンポでもないし、アコースティックなサウンドでもないが、このアルバムには、清潔でよく磨かれた純白のキッチンのように、ピースフルでクワイエットな空間が広がっている。

DATA
  • アーティスト/Underworld
  • 発売年/2002年
  • レーベル/V2 Records
PLAY LIST
  1. Mo Move
  2. Two Months Off
  3. Twist
  4. Sola Sistim
  5. Little Speaker
  6. Trim
  7. Ess Gee
  8. Dinosaur Adventure 3D
  9. Ballet Lane
  10. Luetin

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー