Loophole/Sketch Show

LOOPHOLE

高橋幸宏は某インタビューにおいて、Sketch Show結成時に「細野さんとやるのは久しぶりだったから、最初はお互いの探りあいで、なかなか方向性が見出しにくかった」という趣旨の発言をしている。

確かに彼らのデビューアルバム『Audio Sponge』は、軽妙なポップ・センスが心地いい、良質なラウンジ・ミュージック・アルバムに仕上がっていた。

しかし、旧YMO世代リスナーの過敏な期待をはぐらかせるアティチュード(YMOの『BGM』的アプローチとも言える)が全編を貫いてしまって、「肩の力を抜こうとしたら、逆に抜けすぎてしまった」というような印象をぬぐえなかった。

audio sponge

そもそも、高橋幸宏と細野晴臣がユニットを組むということが、あまりにもモニュメンタルなことなのである。

スネークマン・ショーのリメイクである、『Gokigen Ikaga 1・2・3』が収録されていることでも明らかなように、YMOという巨大な山脈に、高橋幸宏と細野晴臣があえて目を背けるかのような、過剰なはぐらかし感がアイロニカルに響いてしまう。それはやはり、必然だったのではないか。

だが、その呪縛は解き放たれた。『Loop Hole』は、北欧系エレクトロニカとの邂逅を遂げたミニアルバム『tronika』の延長線上にある、2枚目のフルアルバム。この作品には、50歳の齢を過ぎてなおミュージックシーンの最前線に位置し続ける、彼らの本気汁がほとばしっている。

『Audio Sponge』が、春の日差しが感じられるような穏やかな円舞曲とするなら、『Loop Hole』は、秋の気配が濃厚な協奏曲だ。メランコリックなサウンドスケープを現出させる、灰色に覆われた光景。

全編に散りばめられたグリッジノイズが、リスナーの耳を心地よく刺激し、沈みがちなトーンのなかに潜ませた“透明無垢なアンビエンス”が、原初的な記憶を呼び起こさせる。

コーネリアスの傑作アルバム『Point』が提示した、オーガニックとエレクトロニカの融合=フォークトロニカを、幸宏+細野の二大巨頭がセンチメンタルに仕立て上げた、至高の逸品。僕はこの作品を愛さずにいられない。

DATA
  • アーティスト/Sketch Show
  • 発売年/2003年
  • レーベル/カッティング・エッジ
PLAY LIST
  1. MARS
  2. WIPER
  3. CHRONOGRAPH
  4. PLANKTON
  5. FLAKES
  6. ATTENTION TOKYO
  7. NIGHT TALKER – SAFETY SCISSORS MIX –
  8. TRAUM 6.6
  9. SCOTOMA
  10. FLY ME TO THE RIVER
  11. EKOT – CORNELIUS MIX –
  12. STELLA

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー