Women In Music Pt. III/Haim ハイム

ハイムのメランコリックな感情がパッケージングされた、L.A.へのラブレター

カリフォルニアのサン・フェルナンドで生まれ育ったエスティ(ベース)、ダニエル(リードボーカル)、アラナ(ギター)の三姉妹は、物心ついた時から日々の生活の中に音楽がある環境で育った。家族ぐるみでバンド活動をしていたんである。

やがて三姉妹が独立し、ハイムとしてバンド活動を開始。サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)など数々のイベントで注目を集め、プロ契約に至る。

グラミー賞で最優秀新人賞にノミネートされたデビューアルバム『Days Are Gone』(2013年)、2ndアルバム『Something to Tell You』(2017年)を経て発表された3枚目が、この『Women In Music Pt.III』(2020年)だ。

多くの方がそうだと思うけど、僕が彼女たちの存在を知ったのは、MVの監督がポール・トーマス・アンダーソンだったから。

PTAといえば、元恋人のフィオナ・アップルを始め、ジョアンナ・ニューサム、エイミー・マン、レディオヘッドといったアーティストたちのMVを手がけてきた、“音楽感度”の高い映画監督。

『Tidal』(Fiona Apple)

このアルバムでも、M-2『The Steps』、M-16『Now I’m In It』、M-17『Hallelujah』、M-18『Summer Girl』のMVを担当しただけではなく、アルバムのジャケットまで撮影している。

「何でここまで、ポール・トーマス・アンダーソンがハイムのビジュアル・ワークを引き受けているの?」と思ったら、三姉妹の母親がPTAの小学校時代の先生で、しかもご近所さんという間柄なんだとか。彼の新作『リコリス・ピザ』(2021年)はアラナが主演を務めているが、よほど彼女たちの才能に惚れ込んだのだろう。

もちろん本作は、音楽面でもフロントランナーを招聘。アデルも絶賛したというシンガー・ソングライターのトバイアス・ジェッソ・Jr.、ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタム・バトマングリ、アッシャーやWeekendらをプロデュースしてきたアリエル・レヒトシェイド(彼はダニエルのパートナーでもある)を共同作曲者に起用。どう考えても間違いのない布陣だ。

本作に収められている楽曲のほとんどは、彼女たちの辛い経験をもとに作られている。エスティは糖尿病に苦しみ、ダニエルは鬱を抱え、アラナは突如親友を失った。これまで以上にメランコリックで、これまで以上にパーソナルな想いが、一つ一つのトラックにパッケージングされている。

だけど、そのサウンド・プロダクションは不安や葛藤に塗り固められたものではない。M-1『Los Angeles』はスチャ、スチャというレゲエのリズムが軽快なナンバーだし、M-3『I Know Alone』は打ち込み系のエレクトロ・ポップ。

M-6『3 AM』はネオ・ソウルな雰囲気をまとったファンク・チューンで、M-11『Man From The Magazine』は、ジョニ・ミチェルを思わせるアコースティック・ナンバーだ。

彼女たちは“負の感情”すらも、ジャンルに固執しないサウンドで昇華させることで、どこか突き抜けたかのようなフィーリングを発露している。それは、彼女たちが常々口にするサッド・バンガー(悲しくて踊れる曲)を目指しているからだろう。

筆者のお気に入りは、M-5『Gasoline』。ハネるようなドラム(ライブではダニエルがドラムを叩いています)と、美しいコーラス・ワークを割って入るような、歪んだファズ・ギターがとても好きだ。このリフはちょっと中毒になる。

そして、M-18『Summer Girl』。ルー・リードを意識して書かれたというこのナンバーは、けだるいサックスの音色がリスナーのハートを鷲掴み。日が沈むLAの大通りを、彼女たちが横に並んで歩いている光景が目に浮かぶ。マジで名曲中の名曲だと思います。

『Berlin』(Lou Reed)
DATA
  • アーティスト/Haim
  • 発売年/2020年
  • レーベル/Columbia
PLAY LIST
  1. Los Angeles
  2. The Steps
  3. I Know Alone
  4. Up from a Dream
  5. Gasoline
  6. 3 AM
  7. Don’t Wanna
  8. Another Try
  9. Leaning on You
  10. I’ve Been Down
  11. Man from the Magazine
  12. All That Ever Mattered
  13. FUBT
  14. Gasoline(featuring Taylor Swift)
  15. 3 AM(featuring Thundercat)
  16. Now I’m In It
  17. Hallelujah
  18. Summer Girl

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー