Richard D James Album/Aphex Twin

Richard D. James Album [帯解説 / 国内盤CD] (BRC556)

Aphex Twinが無秩序に暴れまくる、知的かつ恥的なサウンド・プロダクション

無邪気に狂っているというか、無秩序に暴れているというか、超高速ビートに牧歌的メロディーかつテイストは変態的という、もはや黙って跪いて聴くしかないというアルバム。

ジャケからして、『シャイニング』(1980年)のジャック・ニコルソンとタメ張れるほどに不気味なAphex Twin本人の顔のどアップなのだが、その笑顔は生半可なテクノ・リスナーを容易に寄せ付けない。

一般的なリスナーと同じく、僕も『Selected Ambient Works 85-92』(1992年)や、『Selected Ambient Works Vol 2』(1994年)で初めてAphex Twinの音楽に邂逅したクチである。

SELECTED AMBIENT WORKS 85-92
『Selected Ambient Works 85-92』(Aphex Twin)

幻想的で、神秘的なアンビエント・ミュージックにすっかり浸っていた耳には、『Richard D James Album』のアクの強すぎるサウンドは、正直好きになれなかった。

そもそも、この常識を逸したBPMのブレイクビーツは何なのだ!!!32ビートのドラムンベースといった生易しいものではなく、いきあたりばったり式にキックが刻まれるというような、投げやりで無茶苦茶なリズム。

それでいてメロディーは、意外に美メロだったりするものだから、何が何だか訳が分からないことこの上なし!

超高速ドラムンベースが永々に続くと思いきや、一転してM-7『Goon Gumpas』ではドラムレスのエレジーなトラックをご披露(この楽曲が「『Selected Ambient Works』に一番近いサウンドかもしれない)。

グリッジ・ノイズが気持ちいいM-8『Yellow Calx』、カートゥーンのBGMのようなM-10『Logon Rock Witch』をコンパイルするなど、Aphex Twinは相も変わらずバラエティーに富んだ、アイディアの豊富さを見せつける。とにもかくにも押しの強い、天外魔境的な(?)アルバムなのだ。

16歳まで自分の作曲した音楽しか聴いたことがなかったとか、Sireレーベルとの高額な契約金で戦車を購入したとか、ライブで自分のCDをそのままかけたとか、虚言癖が多いAphex Twinだが、独特のねじれたユーモア・センスが溢れまくったこのアルバムこそ、彼の最大の虚言、いや、虚作なのかもしれない。

そもそも、自分の名前に「アルバム」というワードを付け足しただけの、『Richard D James Album』というタイトルからふざけているじゃありませんか。日本のレコード会社のディレクターが、名前を聞いてすっかり仮タイトルだと思い込んだエピソードがあるのだが、さもありなん。

知的かつ恥的なサウンド・プロダクションが、このアルバムには詰まっている。

DATA
  • アーティスト/Aphex Twin
  • 発売年/1997年
  • レーベル/Warp
PLAY LIST
  1. 4
  2. Cornish Acid
  3. Peek 824545201
  4. Fingerbibb
  5. Corn Mouth
  6. To Cure A Weakling Child
  7. Goon Gumpas
  8. Yellow Calx
  9. Girl Boy Song
  10. Logon Rock Witch
  11. Milkman
  12. Inkey$
  13. Girl/Boy (18£ Snare Rush Remix)
  14. Beetles
  15. Girl/Boy (Redruth Remix)

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー