LOVEBEAT/砂原良徳

“脱”電気グルーヴを果たした、まりん流テクノ・ミュージック

間違いなく、砂原良徳は電気グルーヴにおけるサウンド・メインキングのキーマンだった。しかし彼は石野卓球が信奉するような、ハードエッジなテクノ・ミュージックに対しては距離があったという。

砂原良徳はバンド活動と並行しながら、エアポートをテーマにした『CROSSOVER(1995)』、『TAKE OFF AND LANDING』(1998)、『THE SOUND OF 70’』(1998)の、いわゆる“航空三部作”をリリース。流れてくる音楽は、テクノに背をむけるかのようなラウンジ・ミュージックだった。

そして、2001年。バンド脱退後に発表したソロ・アルバム『LOVEBEAT』で、砂原良徳は満を持して“まりん流テクノ・ミュージック”を提示する。

電気グルーヴが創り上げてきたアッパーなテクノからは、180°転換。そこには極限までにシンプルで、極限までにミニマルな、内省的な音像があった。砂原良徳はおよそ2年という時間を費やして、ヤスリで陶器を磨き上げるがごとく、ゆっくりと音を紡ぎあげていったのである。

砂原良徳はあるインタビューで、「エレクトロニカは絵で例えると、点描のように細い線で描くイメージだが、『LOVEBEAT』は太いマジックで書いているような音楽」と語っている。

全体のトーンをかたちづくる大きな輪郭のビートがあり、そこにエッジの丸い音の塊が配列されていく。なんともシンプルな立体構造だ。

リリースから20年以上経った今でも、『LOVEBEAT』は今なお僕の愛聴盤であり続けている。音圧も、音の定位も、そして音の滑らかさも、全てが気持ちいい。その“気持ち良さ”を極限まで突き詰めるために、砂原良徳は2年もの時間をかけたのだ。

うん、なんだかエロい行為ですな。

DATA
  • アーティスト/砂原良徳
  • 発売年/2001年
  • レーベル/キューンミュージック
PLAY LIST
  1. EARTH BEAT
  2. BALANCE
  3. IN AND OUT
  4. LOVEBEAT
  5. SPIRAL NEVER BEFORE
  6. ECHO ENDLESS ECHO
  7. HOLD ‘ON TIGHT
  8. SUN BEATS DOWN
  9. BRIGHT BEAT
  10. THE CENTER OF GRAVITY

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー