晩年の黒澤明が描く、能のごとき夢幻世界 『隠し砦の三悪人』(1958年)のレビューでも書いたが、世間 […]

全ての文科系少年・少女に捧げられた、奇跡のように美しいラブストーリー 青春時代の甘酸っぱい切なさは、 […]

黒澤明が“高邁なシャシン”をワールド・スタンダード・フィルムに仕立て上げた歴史的作品 『羅生門』(1 […]

国境を越えた、ニッポンのスタンダード・フィルム 黒澤明の映画では、時として強烈な死臭を放つ。 野武士 […]

亀山千広プロデュースにしては珍しく骨組のしっかりしたミステリー映画 えー、『容疑者Xの献身』(200 […]

西川美和のインテリジェンスを感じさせる、理知的なフィルム 『ゆれる』(2006年)の制作意図について […]

巨匠・黒澤明による、総天然色白昼夢 【日照り雨】 少年が母親の忠告を無視して、 「狐の嫁入り」を見て […]

ミステリーの論理性なんぞアウト・オブ・眼中!祟りで人がバッタバッタ死んでいく恐怖映画 【思いっきりネ […]

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー