マインド・ゲーム/湯浅政明

マインド・ゲーム [DVD]

吉本芸人勢揃いの、超ドラッギーなスーパー・ハイテンション・ムービー

ハッキリ言わせてもらうで。やっぱな、一回きりの人生な、後悔のないように頑張らあかんねん。そんな当たり前のことが、どんどん伝わりにくい世の中になってんねん。当たり前のことを当たり前に言い放ってみても、誰も耳を貸さへんねん。

言ってることはストレートなことでも、投げる球は直球ストレートやなくて、変化球を投げんと、注目すらしてくれへん。その点、この『マインド・ゲーム』(2004年)っちゅう映画はスゴイで。何かスゴイって、ノリが凄いねん。アタマからケツまで、スーパー・ハイテンションやし、スーパー・ポジティヴやねん。

どう考えても予定調和なお話やねんけど、「過去ー現在ー未来」という時制を意識的にグチャグチャにして、「人生、こんな選択肢もありえたんやな」ってことを示唆してくれはんねん。おたく、シャブ打ってるんのと違うか?なーんてことをツッコミたくなるほど、映像的には超ドラッギーやねんな。

実写やら2Dやら3Dやらが融合してるし、何故か声をアテてはる吉本の芸人はん(今田耕司さんとか、山口智充さん)の顔がそのまま登場してくるし、もう何でもアリ状態やねん。

でもな、お話は哲学的でも内省的な訳やないねん。「一回きりの人生、後悔のないように頑張ろ!」っちゅうメッセージを、2004年現在最も有効に伝えるやり方が、逆にこういうアプローチの仕方やった、ということやねんな。

この『マインド・ゲーム』を監督しはった湯浅政明さんは、もともと『クレヨンしんちゃん』のアニメーターをやってはった方らしいわ。そういや、クジラの胃の中から必死に脱出しようとするシーンって、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001)で、しんちゃんが傷だらけになりながら太陽の塔を登って行くシーンと、ちょっとカブるわな。

『マインド・ゲーム』における超絶技巧オンパレードのせいで、ちょっと分かりにくいかもしれへんけど、やっぱし演出的には原恵一さん直系の方やと思うわ。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

とにかく、元気のないときにはぜひこの『マインド・ゲーム』を観て欲しいわ。きっと強制的に元気になるで。…実は最後の走馬灯シーンで、「どうあがいても未来は変えることはできない」という真逆なメッセージもインサートされてるんやけど、それは無視したってや!エヘ♪

DATA
  • 製作年/2004年
  • 製作国/日本
  • 上映時間/103分
STAFF
  • 監督/湯浅政明
  • 製作総指揮/椎名保、田中栄子
  • 製作/田中栄子
  • 脚本/湯浅政明
  • 原作/ロビン西
  • 美術/ひしやまとおる
  • 音楽/山本精一
CAST
  • 今田耕司
  • 藤井隆
  • 山口智充
  • 中條健一
  • 前田沙耶香
  • たくませいこ
  • 坂田利夫
  • 島木譲二
  • 西凛太朗

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー