赤い影/ニコラス・ローグ

赤い影 [Blu-ray]

【思いっきりネタをばらしているので、未見の方はご注意ください。】

『アラビアのロレンス』(1962年)、『ドクトル・ジバゴ』(1965年)といったスペクタクル作品から、『華氏451』(1966年)などに代表されるヌーヴェルヴァーグ映画まで、ジャンルレスに活躍した職人派撮影監督、ニコラス・ローグ。

やがて自ら演出を手がけるようになってからは、神経症的な細かいカッティングと、独特の色彩感覚に彩られた耽美的映像で、アート系ビジュアリストに変貌。

映画インテリ層からの熱い支持を集めた。そんな彼が、ヒッチコックの『レベッカ』(1940年)、『鳥』(1963年)の原作でも知られる、ダフネ・デュ・モーリアの小説を映像化したのがコレ。

いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集) (創元推理文庫)

不慮の事故で娘を失ったばかりの考古学者夫婦が、水の都ベニスで盲目の霊媒師と出会い、「あなた方の亡くなった娘さんが言っているわ。ここにいると生命の危険があるの。今すぐこの街から立ち去りなさい」と警告される…というミステリー・ドラマである。

ベルトリッチの『1900年』(1976年)では、ケラケラ笑いながら児童虐待したり、フェリーニの『カサノバ』(1976年)では、ド変態系ドラッグ・クイーン状態の色事師を演じてみたりと、エキセントリック・アクトが定番のドナルド・サザーランド。

そんな彼が主人公であるからして、霊媒師に「アンタの命が危ない!」と警告されても、「実はコイツが、ベニスを震撼させている連続殺人事件の犯人に違いない」と、小生勝手に確信。

そんで、妻がその真相を知って「あなたのこと…シクシク…し…信じていたのに…シクシク…」と泣きながら夫の胸にナイフを突き刺す、みたいな展開を想像しておりました。

1900年 Blu-ray (2枚組)

だがその予想は全く当たらず。真っ赤なコートに身を包んだ小さな老婆に惨殺される、という予測不能なエンディングに、思わず椅子から転げ落ちそうになりました。

理詰めのサスペンス醸成よりも、突発的ショッキング描写が優先されるあたり、いかにもイタリア産ホラー映画なテイスト。ブライアン・デ・パルマとのコンビ作品が多い、ピノ・ドナジオによる情感豊かなスコアも良ろし。

そしてこの映画は、何よりもまずロケーションの見事さに尽きるだろう。かつて巨匠ビスコンティが上梓した『ベニスに死す』(1971年)では、街自体がゆっくりと沈んで行くかのような、頽廃的ムードが濃厚だった。

この『赤い影』でも、ミステリアスなムードに包まれた、冬枯れのベニスを縦横無尽に活写して、ドラマに独特なトーンを付与。鬱屈した迷宮世界で、主人公達の心理も少しずつ圧迫されていくプロセスが、極めてヴィヴィッドにビジュアライズされているのだ。

ベニスに死す [DVD]

不満をひとつ。細かいところですが、僕が鑑賞したDVD版ではイタリア語の会話は字幕なしだったんですが、これはいかがなものかと。

もちろん、異邦の地で暗れ惑う主人公の心理を描くには、逆に外国語であるイタリア語は訳さないほうがいい、という判断からなのだろうが、そもそもドナルド・サザーランド演じる考古学者は、イタリア語ペラペラという設定なんで、DVD販売会社のたんなる怠慢にしか思えず。

イタリア語が分かる訳者探してきて、きちんと字幕つけてください。

DATA
  • 原題/Don’t Look Now
  • 製作年/1973年
  • 製作国/イギリス、イタリア
  • 上映時間/ 110分
STAFF
  • 監督/ニコラス・ローグ
  • 製作総指揮/アンソニー・B・アンガー
  • 製作/ピーター・カーツ、ピーター・スネル
  • 原作/ダフネ・デュ・モーリア
  • 脚本/アラン・スコット、クリス・ブライアント
  • 撮影/アンソニー・B・リッチモンド
  • 編集/グレイム・クリフォード
  • 音楽/ピノ・ドナッジオ
CAST
  • ドナルド・サザーランド
  • ジュリー・クリスティ
  • ヒラリー・メイソン
  • クレリア・マタニア
  • マッシモ・セラート
  • アンドレア・パリジ
  • レナート・スカルパ
  • ジョルジョ・トレスティーニ
  • レオポルド・トリエステ

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー